最年少2輪レース「STRIDER-1 SUZUKA GP2016春」が5/21~5/22に鈴鹿サーキットで開催

160509_106

キッズ向けペダル無しランニングバイク、「STRIDER(ストライダー)」を使った最年少2輪レース、「STRIDER-1 SUZUKA GP2016春」が、2016年5月21日~5月22日に鈴鹿サーキットで開催される。エントリーはチケットの購入が必要で、5月15日(日)までとなっている。
昨年までは秋に開催されていたが、2016年度は気候のよい5月に初開催となる。

また、今年は新たに、限定イベントとして「親子で一緒にストライダーマラソン」を実施。8耐と同じル・マン式スタートや、実際のレースで表彰台に立つレーサーがもらえる「スズシカトロフィー」も贈呈される。これは「鈴鹿」の地名と「鹿」を掛けたトロフィーだ。

160509_107

>>STRIDER-1 SUZUKA GP2016春特設ページ

STRIDER-1 SUZUKA GP2016春

160509_112

キッズ向けペダル無しランニングバイク、「STRIDER(ストライダー)」での世界最年少レース。鈴鹿サーキットで行われるのは、日本最大級のストラーダーGP。著名なライダー・ドライバーが諦めずに走り続けた鈴鹿サーキットでSUZUKA GPに挑戦しよう!

■開催場所
鈴鹿サーキット GPスクエア特設会場

■開催クラス
2歳クラス、3歳クラス、4歳クラス、5・6歳クラス(6歳は未就学児)

■開催レース

5月21日(土) 障害物レース
コースに設置された障害物をクリアしながら速さを競うレースを開催いたします。

5月22日(日) スプリントレース
障害物の無いノーマルなコースで速さを競うレースを開催いたします。

■エントリーチケット購入
販売期間:2月28日(日)10:00~5月15日(日)23:59
>>チケット購入はこちら

160509_111

160509_108

160509_109

160509_110

 

STRIDER-1 SUZUKA GP これがル・マン式スタートだ!

 

ストライダーとは

ストライダーはペダルもブレーキもない、アメリカ生まれの、「足で地面を蹴って進む、全く新しいバイク」で、ストライダー・スポーツ・インターナショナル創業者であり発明者のライアン・マクファーランド氏の手によって生み出された。自身の一人息子のために自作されたこのランニングバイクが今では世界各国で、自転車を乗る前の年齢の子供たちに愛用されている。

strider20-20151116

色とりどりのパーツが販売されており、自分仕様にカスタマイズも可能なことから、オリジナルのペイントや、ステッカーチューンを施して楽しむファミリーも増えている。カスタムの組み合わせは23万通りにもなり、オフィシャルショップでは「ハーレー・ダビットソン」コラボレーションモデルの販売も行われている。

■ストライダージャパン公式HP
>>>http://www.strider.jp/index.html

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る