[HONDA]MotoGP Rd.5 予選 マルケスが5戦連続フロントロー獲得の2番手。クラッチローは9番手

160509_13

■2016年5月7日(土)・予選
■会場:ル・マン・サーキット
■天候:晴れ
■気温:22℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

好天に恵まれたフランスGPの予選は、初日のフリー走行で3番手につけたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2番手タイムをマーク。2012年のMoto2クラス時代を含め、5年連続ポールポジション(PP)獲得は果たせませんでしたが、開幕から5戦連続でフロントローを獲得しました。

今大会は、セッションをこなすごとに確実にセットアップを進めて前進しましたが、PP獲得には一歩届きませんでした。しかし、アベレージでは優勝争いに加われることは確実で、決勝では2年ぶりの優勝を狙います。そのためには、タイヤ選択を間違えないことが重要です。天候と路面コンディションをしっかり見極め、今季3勝目を目指します。

初日に転倒を喫して12番手だったカル・クラッチロー(LCR Honda)が、3列目スタートとなる9番グリッドを獲得しました。2日目のフリー走行では、周回を重ねるごとにタイムを短縮しました。しかし、予選ではフロントに激しい挙動があり、タイヤとブレーキ周りを交換してアタックに挑みました。完ぺきなできではありませんでしたが、なんとか9番グリッドを獲得。全体的なフィーリングはいいだけに、決勝では追い上げのレースに挑みます。

初日のフリー走行で8番手につけたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、2日目のフリー走行で6番手に浮上。フリー走行の総合10番手までとQ1の上位2台を加えた12台で行われるQ2では痛恨の転倒を喫し、11番手に終わりました。今季最悪の予選だったと悔しがるペドロサ。その悔しさを決勝にぶつける意気込みです。

初日18番手のジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Mark VDS)は、2日目のフリー走行で16番手までポジションを上げましたが、予選では18番手。チームメートのティト・ラバトは、初日のフリー走行と同じ20番グリッドから決勝に挑みます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る