[HONDA]MotoGP Rd.5 決勝 ペドロサが4位入賞。マルケスは転倒再スタートで13位

160509_12

■2016年5月8日(日)・決勝
■会場:ル・マン・サーキット
■天候:晴れ
■気温:22℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:9万9053人(3日間:19万5450人)

MotoGP レポート

第5戦フランスGPは、21台が決勝に挑み、完走13台という厳しい戦いになりました。その中で予選11番手から粘り強い走りをみせたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が4位でフィニッシュしました。今季2度目の表彰台獲得と、今季初優勝は果たせませんでしたが、前戦スペインGPから2戦連続の4位で、総合4位の座をキープしました。

チームメートで予選2番手から決勝に挑んだマルク・マルケスは、まずまずのスタートを切って序盤は4番手をキープしました。その後、前を走るアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が転倒したことで3番手に浮上しましたが、後方から追い上げてきたバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)にかわされ4番手へとポジションを落としました。

レース中盤は、3番手のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)をマークしましたが、16周目の7コーナーでドヴィツィオーゾとマルケスが同時に転倒。マシンを起こして再スタートを切り、13位でフィニッシュして貴重な3ポイントを獲得しました。ランキングでは、今大会のウイナーであるホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)と5点差の2位にダウン。次戦からの巻き返しが期待されます。

今大会は転倒の多いレースとなり、カル・クラッチロー(LCR Honda)は、10番手を走行していた7周目に11コーナーで転倒してリタイア。ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、16番手を走行していた8周目の7コーナーで、チームメートのジャック・ミラーは10番手を走行していた18周目に7コーナーで転倒し、リタイアに終わりました。

今大会、Honda勢は、5台中3台が転倒リタイア。マルケスが転倒後、再スタートして13位という厳しい結果に終わりました。Honda勢で転倒しなかったのはペドロサだけで、そのペドロサも4位。次戦イタリアGPでの巻き返しに、Honda勢は一丸となって挑むことになります。

【フォトギャラリー】
【HONDA】MotoGP Rd.5 ペドロサが4位入賞。マルケスは転倒再スタートで13位

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る