[YAMAHA]MotoGP Rd.5 事前情報 Movistar Yamaha MotoGP、好調のままフランスGPへ

160509_11

■大会名称:MotoGP第5戦フランスGP
■開催日:2016年5月6日(金)フリー走行、7日(土)予選、8日(日)決勝
■開催地:ルマン/フランス
■開設:1965年
■コース長:4.180km
■サーキットレコードラップ:1分32秒879(2015年:V・ロッシ)
■サーキットベストラップ:1分32秒042(2014年:M・マルケス)
■2015年の優勝者:J・ロレンソ

Movistar Yamaha MotoGP、好調のままフランスGPへ!

2週間前のヘレスで1-2フィニッシュを決め、絶好調を維持しているMovistar Yamaha MotoGP。さらに、ヘレスでの決勝翌日に行われたテストも順調に終えたJ・ロレンソとV・ロッシは、第5戦フランスGPも自信を持って臨む。

現在ランキング2位のロレンソはこのフランスGPで、最高峰クラスでは2009年、2010年、2012年、2015年の合計4回優勝、2008年は2位と、多くの表彰台を獲得してきた。5月4日に29歳の誕生日を迎えたロレンソは、今回も勝利を目指し、またチャンピオンシップでもランキングトップ浮上を目標にチャレンジする。

一方、前回のスペインGPで今季初優勝を果たしたロッシは、これまでに、最高峰クラスで3回優勝(2002年、2005年、2008年)、2位5回(2003年、2010年、2012年、2014年、2015年)、3位3回(2000年、2001年、2011年)と多くの好成績を残している。今回のフランスGPはヘレスに続き2連勝を狙い、ル・マンでの歴史にまた一つ輝かしい成績を残そうとモチベーションを高めている。

ル・マン・ブガッティ・グランプリ・レース・サーキットは1965年に設立。ル・マンの町から数キロのところに位置し、有名な24時間耐久レースのコースの一部にもなっている。GPの初開催は1960年代後半で、1996年まで続けられた。その後、安全性を考慮して改修が行われたあと、2000年に再びMotoGPのサーキットとして復活。レイト・ブレーキングなど、もともとの特徴が生かされ、改修後も見ごたえあるバトルが損なわれることなく、10万もの観客がレースをエンジョイできる。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る