[YAMAHA]MotoGP Rd.5 フリー走行 ロレンソが初日から絶好調、ただ一人1分32秒台で総合トップ

160509_10

■大会名称:MotoGP第5戦フランスGP
■開催日:2016年5月6日(金)フリー走行総合結果
■開催地:フランス/ル・マン(4.185km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度
■路面温度:27度

ロレンソが初日から絶好調、ただ一人1分32秒台で総合トップ!
ロッシは10番手、エスパルガロが4番手と好スタート

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、フリープラクティス初日に総合トップを獲得。チームメイトのV・ロッシは、テクニカルなル・マンのサーキットに合わせたセッティングに集中し、総合10番手で初日を終了した。

ロレンソは第1セッションから好調。ストップ&ゴーの特徴を持つル・マンのサーキットに合わせたセッティングを行いながら、路面温度が低い午前中にタイムを上げ、トップに0.044秒差と迫る1分34秒086の2番手でセッションを終えた。

午前中にセッティングをあわせたロレンソは、午後の第2セッションでも抜群の速さを見せ、開始早々から1分33秒572の記録を出しトップへ浮上。終盤はただひとり33秒台の壁を破り、1分32秒830をマーク。2番手に0.339秒差をつけ総合トップとなった。

第1セッションは、開始早々にトップに立ったロッシだが、マシンの安定性に悩まされる。タイヤとマシンのコンビネーションの確認などに集中し、トップから0.410秒差の1分34秒452で5番手につけた。

第2セッションは、マシンバランスの向上に取り組みながら徐々にペースアップ。セッション終盤にはこの日のベストとなる1分33秒974をマークしたが、順位を上げることはできず、10番手で初日を終了した。

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは初日から好発進。第1セッションは、日曜日の決勝に向けてセッティングに取り組み7番手を獲得。第2セッションでは2番手のA・イアンノーネ(ドゥカティ)にコンマ2秒差に迫る自己ベストを記録。サテライト勢トップの4番手となった。

マシンのセットアップに集中したB・スミスは、第1セッションはニュータイヤをいくつか試し、11番手で終了。第2セッションも引き続きセッティングに取り組んで23周を走りこみ、14番手で初日を終了した。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る