ヤマハのカスタムビルダー「YARD Build」からXSR700ベースのトラッカーモデル登場

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160506_46

YARD Buildが示した新たなカスタムの方向性

XJR1300やVMAXなどをベースに個性的なカスタムバイクを提案してきた、ヤマハ・モーター・ヨーロッパのプロジェクト「YARD Build」(ヤードビルド)から、新たなカスタムの方向性が示された。

それは、並列2気筒エンジン搭載するMT-07とプラットフォームを共有するネオレトロスポーツ、XSR700をベースに作られたトラッカースタイルのモデルである。

製作を担当したのは、ヤードビルドに新たに加わったトルコ・イスタンブールのカスタムビルダー「バンカーカスタムモーターサイクルズ」。その完成度の高さには、ヤマハ・モーター・ヨーロッパのマーケティングコーディネーターであるクリスチャン・バレリも太鼓判を押しているようだ。

「XSR700の持つ俊敏さとパワーといった特徴をうまく表現しつつ、さらに新たな顔を与えてくれたことに感動している」とクリスチャン。これに対して、バンカーカスタムのウザール兄弟は「できる限り自由な精神を与えたかったので、我々としてはトラッカースタイルを選びました」とのこと。

もともと軽量なツインエンジンがそのベースとしても最適で、自由な発想でインスピレーションが広がったそうだ。

160506_43

160506_44160506_45

あらゆる地形で対応できる走破性

スポーツヘリテイジのトラッカースタイルを実現するために、あえて6cmシート高を上げてライダーがスタンディングでも動き回りやすいポジションとし、新たに装備されたレンサルバーもこれに合わせてセットアップ。

エキパイとサイレンサーの取り回しも全面的に見直してグランドクリアランスも14cmから20cmに拡大。2 in 1のエキゾーストシステムはステンレス製の手作りで、アクラポビッチの触媒装置をコンバートするなど排ガスにも対応している。

足回りにも手が入っている。フロントフォークはMT-09トレーサー用の倒立タイプに交換され、オフロードでの快適性と実用性を両立。スーパーテネレ用のフロント19インチ&リヤ17インチワイヤースポークホイールにGT201デュアルパーパス用タイヤを装備し、あらゆる地形での走破性を高めている。

徹底された外装デザイン

その他、オリジナリティを演出するために、燃料タンクカバーやサイドパネル、前後フェンダー、ラジエターカバーとシートカウルを含むすべての本体パネルを手加工で打ち出された2mm厚アルミニウム製プレートと交換するなど、外装にも徹底してこだわっている。

フロントフェンダーやヘッドライトのステーも8mm鋼管から作る徹底ぶり。そして、これらのバーツはすべてストック状態のXSR700のフレームにボルトオン装着できるというから驚きだ。

また、鍛造ブレーキ&クラッチレバーやフットペグ、サイドスタンドなどはヤマハ純正アクセサリーパーツを流用しつつ、80年代を彷彿させるシンプルで美しいグラフィックで仕上げられているところにも注目したい。

サイトにアップされている動画を見ると、丁寧に作り込まれたクラフトマンシップを感じされる仕事ぶりや、ハードな林道を楽しそうに攻めているタフな走りっぷりも表現されている。

160506_47160506_50
160506_48160506_49

市販の期待度は…?

XJR1300CやXSRシリーズなど「YARD Build」発のコンセプトモデルから市販モデルが生まれる例も少なくないことから、こちらのクロス・プレーン2気筒を搭載したクールなトラッカーも十分期待できそうだ。

New Yard Built XSR700 by Bunker Custom Motorcycles

【関連ニュース】
Yard Built XSR700 by Bunker Custom Motorcycles
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  2. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
  3. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
ページ上部へ戻る