NAVITIME、Android OS向けナビアプリ『カーナビタイム』に「ドライブレコーダー」機能を追加

drive recorder
ナビタイムジャパは、2016年4月28日(木)より、Android OS向けカーナビゲーションアプリ『カーナビタイム』に「ドライブレコーダー」機能を追加し発表した。

1回に連続して撮影できる時間は最長5分で、5分間撮影すると自動で停止する。今後は走行中に振動を検知した際に、検知前後の映像を動画で記録する「衝撃検知モード」も追加する予定。

Android OS向け『カーナビタイム』に「ドライブレコーダー」機能追加のお知らせ

本機能は、スマートフォンのカメラを利用して、走行中の道路上の様子を動画で撮影できる機能です。

「地図メニュー」の「地図切り替え」で「AR/録画」を選択し、画面上の録画ボタンを押すと、動画を撮影できます。1回に連続して撮影できる時間は最長5分で、5分間撮影すると自動で録画は停止します。画面上の録画停止ボタンを押して停止することもできます。

今後は、走行中に振動を検知した際に、検知前後の映像を動画で記録する「衝撃検知モード」も追加する予定です。

※ 本機能のご利用には、『カーナビタイム』プレミアムコース会員登録(有料)が必要になります。
※ 対応バージョンは Android カーナビタイム Ver.4.1以降となります。
※ 一部、本機能をご利用になれない端末があります。
※ カメラを利用する場合、端末が高温になることがあります。

●『カーナビタイム』アプリ
Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.carnavitime

→全文を読む

情報提供元 [ NAVITIME JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、「F.C.C. TSR Honda France」が参戦する鈴鹿8耐へ向けた動画を…
  2. クールネックバンドをもれなくプレゼント トライアンフモーターサイクルジャパンは、「クールサ…
  3. ホンダは、ワークスチーム「Red Bull Honda with 日本郵便」が参戦する鈴鹿8…
  4. 7月26日(木)~29日(日)に開催する「”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 第41回大会」において、…
ページ上部へ戻る