【試乗レポート】DUCATI「Xディアべル」独自の世界観を持つクルーザー

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

001_850-567

ドゥカティが作る初めてのクルーザー

Xディアベルのプレス試乗会が開催された。Xディアベルはドゥカティが作る初めてのクルーザーである。従来のディアベルを表現するワードとして、ドゥカティではクルーザーという表現は使っていなかった。では、ドゥカティが本気でクルーザーを作ったらどうなるのか・・・・・・その問いに対する答えが今回のXディアベルというわけだ

「X」には、スポーツとクルーザーを掛け合わせるという意味でのXや、未知なるものなど、いろいろな意味が含まれている。
これまでのドゥカティと言えば、高性能やパッション、レースなどのキーワードが並んだが、Xディアベルはそうした従来の概念を変えるパラダイムシフトを狙ったモデルということができる。ドゥカティが積み上げてきた「赤」の世界感を含みつつもっとラグジュアリーに、そしてスピードをコーナリングではなくストレート(直線)に置き換えた。

002_850_566

気高く、美しいクルーザーの中にある男らしさ

ライダーのスタイルイメージも革ツナギではなく、ドレススーツの似合う男でありながら、ときにやんちゃに楽しむ(バスターズ)をテーマとするなど、粋なエッセンスを加えていることが新しい。こうしたコンセプトと価値観を理解した上でないとXディアベルの全体像をつかむことはできないのだ。

スタイリングは従来のディアベルより、さらに長く低いシルエットが特徴。その中でドゥカティのアイデンティティである、Lツインにマスを集中させた、力強くセクシーなライン。それを際立たせるデイタイム・ランニングライトを備えるフルLEDフロント&リヤライトやダイヤモンドコーティングフォーク、ブレンボM50ブレーキキャリパー、マシン加工ホイールなど高性能パーツの数々が装備され、まさにラグジュアリークルーザーとして仕上げられている。

003_850_566

004_850_566005_850_566

Xディアベルはクルーザーとしての「ロースピードエキサイトメント」とドゥカティ本来のスポーツライディングの楽しさの、完全なる融合を目指したモデルである。そこで用意されたのが3つの数字、「5000」「60」「40」である。

「5000」は新開発の水冷L型2気筒エンジンが13.1㎏mの最大トルクを発生する回転数を表すもの。従来のディアベルのスペック(11.9㎏m/6250rpm)と比べると、Xがいかに低回転大トルク型であるかが分かるはず。排気量はストロークアップにより、1198ccから1262ccまで拡大され、最高出力も112psから156psへと大幅にアップ。加えて、新型ムルティストラーダに採用されているDVT(可変バルブ機構)を搭載し、全回転域でのスムーズかつパワフルな出力特性を得ている。

「60」は設定できるライポジの数で、4つのフットレスト、5つのシート、3つのハンドルバーがそれぞれ用意され、計60通りものアレンジが可能となっている。

そして、「40」は最大バンク角を表す数値で、スタンダードのディアベルの41度と比べても、ほぼ同等のコーナリングパフォーマンスを発揮できる素地があることをうかがわせる。

そして最近のドゥカティの十八番でもある電子デバイスもフル装備。ブレンボ&ボッシュ製9.1MEコーナリングABSシステムに、トラクションコントロール、3種類のライディングモード、全開発進を安全にサポートするパワーローンチなど、最先端のシステムが組み込まれている。

006_850_566

Xディアべル独自の世界観

今回の試乗で感じたのは「他のどのバイクとも似ていない」こと。もちろん、従来のディアベルとは兄弟関係にあることは間違いないが、トップスローからでもドコドコ加速していく粗粒な鼓動感や、ロー&ロングかつ独特のポジションが生み出すフラットで大らかなライド感などは、明らかに「X」独自の世界観といっていい。
詳しいインプレッションは後日あらためてお伝えするとして、新しさとともに静かな興奮を覚えたことを記しておきたい。

【関連ニュース・フォトギャラリー】
ドゥカティ・スクランブラーの新たな400ccモデル「Sixty2」が発売
【Ducati】「スクランブラーファミリー」ニューモデル国内発表会フォトギャラリー
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る