[KTM]AMA SX Rd.15 ダンジーは3位でフィニッシュ、31戦連続表彰台を獲得

160427_119

『2016スーパークロス/第15戦フォックスボロ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#1/RyanDungey(ライアン=ダンジー)は3位でフィニッシュ。これによりダンジーは31戦連続表彰台を獲得しました。チームメイトの#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)は10位でレースを終えました。

前日から決勝の朝にかけて降った雨によりたっぷりと水を吸ったマディコンディションとなった本大会。その予選でダンジーはファステストタイムをマーク、ムスキャンは12位のタイムを出しヒートレースを迎えます。そのヒートレースでムスキャンはホールショットを獲得。4位でゴールし決勝行きのチケットを早々に手に入れます。

ダンジーはホールショットこそ逃すものの好スタート。しかしレッドフラッグにより再スタート。そこで、こんどこそホールショットを獲得したダンジー。トップ争いを演じ2位でフィニッシュ。決勝に進みます。

迎えた決勝。好スタートを切ったダンジーはホールショットを獲得。しかしそこから、数周にわたってK・ロクツェン(スズキ)と激しく順位を入れ替えるトップ争いを展開しますが徐々に遅れ始めます。その後4位にまで順位を落としたダンジーでしたがラスト2周で3位に上がり、そこからさらに2位を狙いますが届かず、3位でチェッカーを受けました。

ダンジーのコメント:
「今日は波に乗れなかった。しかしこれもレースだ。今日、シリーズタイトル獲得の可能性もあったが、それにはさまざまな幸運を積み重ねなければならないことを私たちは理解していた。次戦ではそれが実現するよう努力する」

次戦/第16戦は4月30日(土)、ニュージャージー州イーストラザフォードで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Ken Roczen
2, Eli Tomac
3, Ryan Dungey – KTM
Other KTM
10, Marvin Musquin
12, Justin Brayton

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 348 points
2, Roczen, 305
3, Anderson, 278
6, Musquin(KTM), 199

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る