[KTM]MotoGP Rd.4 Moto3 ビンダーが最後尾から追い上げ自身初のMoto3優勝を獲得

160427_118

『2016MotoGP/第4戦』。小排気量クラス/Moto3ではファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoから参戦した#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)はキャリア初のMoto3優勝を獲得。ポイントスタンディングストップの座をより強固にしました。チームメイトでMoto3ルーキーの#64Bo Bendsneyder(ボー=ビンドシーダー)は21位でレースを終えました。

マシンに技術的な違反があるとの判断が下り、2番手のタイムを出しながら最後尾となる35番手グリッドから決勝を戦うことになったビンダー。迎えた決勝。最後尾からスタートしたビンダーは序盤、終始集団の中にいました。しかしたった3周で35位からポイント獲得圏内まで順位を上げ、8周目には4位にポジションアップしました。そして15周目に3位に浮上するとトップ争いを展開。18周目にトップに立つとその勢いのままライバルをリードし、トップでチェッカーを受けたときには2位に3秒もの差を付けていました。その戦いはレース史の中で語り継がれるほど激しく、そして素晴らしいものでした。

ビンダーのコメント:
「週末を通して使用済みタイヤでのセッティングに取り組んできた。そのセッティングでは決勝の序盤、新品タイヤを装着したときのフィーリングに苦しむのは分かっていた。しかし週末の努力が無駄ではなかったことが証明できた。Moto3での初優勝が最後尾からの追い上げで獲得したなんて信じられない」

次戦/第5戦は5月8日(日)にフランスで開催されます。

■Moto3クラス 決勝結果:
1, Brad Binder – KTM
2, Nicolo Bulega – KTM
3, Francesco Bagnaia
Other KTM
6, Joan Mir
7, Romano Fenati
10, Philipp Oettl
11, Andrea Migno
12, Juanfran Guevara
13, Gabriel Rodrigo
19, Maria Herrera
21, Bo Bendsneyder
DNF Fabio Quartararo
DNF Andrea Locatelli

◎ Moto3クラス ポイントスタンディング
1, Binder (KTM), 77 points
2, Navarro, 62
3, Fenati (KTM), 47

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  2. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
  3. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  4. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
ページ上部へ戻る