[MFJ]鈴鹿サーキットで「2016年ジュニア・サミットin三重」の交流・体験行事が開催

160426_136

TSR・モリワキなどのレーシングチームがデモレースを披露

伊勢志摩サミット(2016年5月26日(木)・27日(金)三重県志摩市で開催)に関連するイベントとして,青少年の間の国際交流を促進し,国際社会の抱える課題について意識を高めることを目的に,中高生のサミット「2016年ジュニア・サミットin三重」が、4月22日(金曜日)~28日(木曜日)の日程で三重県内各地及び東京を舞台として開催されている。

本日4月25日(月)は、鈴鹿市を中心に関宿(亀山市)を巡るスケジュールがコース別に設定され、鈴鹿サーキットでも体験・交流事業が行なわれた。参加者はG7各国代表7名とホスト国の三重県内中高生7名の総勢14名。会場となったピット2階のホスピタリティラウンジでは、今が新茶の収穫時期である伊勢茶(かぶせ茶)、鈴鹿墨や伊勢型紙の展示やワークショップ、鈴鹿高校書道部による鈴鹿墨のパフォーマンスなどが行なわれた。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る