[REPSOL]WCT Rd.2 2日目 ボウが優勝、自身300戦目の藤波も表彰台

160426_123

トニ・ボウが今シーズン2勝目。藤波貴久は自身世界選手権300戦目のレースで表彰台。ハイメ・ブストは6位。

昨日の1日目2位を獲得し、トニ・ボウは日本GP2日目の今日は、表彰台の最も高い段を獲得した。昨日より快適に感じていたボウは、昨夜降った雨の影響でより簡単に変更になったゾーンの利によって、タイトル争いで2位と5ポイント差の74ポイントになる優勝を飾った。

藤波貴久は、2位争いをするすばらしいパフォーマンスで表彰台を再び獲得し、タイトル争い50ポイントで総合4位に順位を上げ、自身世界選手権300戦目を祝った。

ハイメ・ブストは6位で日本GPを終えた。

次戦は5月15日、グアダラハラでスペインGPが行われる。

160426_124

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る