[REPSOL]WCT Rd.2 1日目 ボウと藤波が表彰台

160426_121

もてぎでの日本GP1日目は、レプソル・ホンダチームのライダー、トニ・ボウと藤波貴久が2位と3位。ハイメ・ブストはまたも4位で表彰台ならず。

トライアル世界選手権2ラウンド・日本GP1日目がツインリンクもてぎで行われ、トニ・ボウが2位を獲得し、54ポイントでチャンピオン争いのリードを保った。チームメイトの藤波貴久がホームの大観衆の前で表彰台を獲得した。藤波貴久は3連続4位で素晴らしいスタートをしたハイメ・ブストの前、3位でフィニッシュした。

この結果、ボウはタイトル争いトップをキープ、ブストが4位、藤波が5位。翌日の日曜日に日本GP2日目が行われる。

160426_122

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る