[Kawasaki]JRR Rd.2 JSB1000 耐久レースから始まった開幕戦。柳川選手は2年ぶりとなる表彰台獲得

160426_07

■ 2016年 全日本ロードレース選手権 第2戦 鈴鹿2&4
■ JSB1000
■ 開催日:2016年4月24日(日)
■ サーキット名:鈴鹿サーキット(5.821 km)

渡辺選手もトラブルを克服して8位完走

開幕戦がいきなりの耐久レース。しかも200Km耐久と聞いて、懐かしさを感じるロードレースファンも多かったはずだ。

鈴鹿8時間耐久レースの前哨戦として、全日本ロードレースに組み込まれていたのは、もう13年前となる。およそ5.8キロの鈴鹿サーキットを35ラップ。途中、給油作業やタイヤ交換など各チームのピット作業もこのレースの見どころとなる。

また、今シーズンから8時間耐久レースへの参戦レギュレーションが大幅に変更された。昨年度上位20位以内のチームにはシード権が与えられるが、実績のないチームにとっては上位10位以内に入ることが8耐参戦の条件となる。

この開幕戦にチームグリーンが投入した新型Ninja ZX-10Rは、ワールドスーパーバイクに参戦しているファクトリーマシンから多くの機能性能をフィードバックしている。強大なパワーを生み出すパワーユニットのほか、IMU搭載で左右・上下方向の加速度とロールを測定するなど マシンコントロールが大幅に改善された。さらにECUにKawasaki独自のプログラムを搭載して電子制御性能を向上。いきなりの実戦配備に、内外の注目を一手に集めた。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki Motorcycle & Engine Company ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る