[BRIDGESTONE]JRR Rd.2 JSB1000 セミ耐久レースで中須賀克行がポールtoウイン

160425_23

全日本ロードレース選手権の第2戦は4輪レースと同日開催の鈴鹿2&4。最高峰クラスであるJSB1000にとっては今季の初戦。200kmのセミ耐久という特殊なレースが設定された。

土曜日に曇り空の下で行なわれた予選は2組に分かれて35分間ずつのタイムアタック。A組では中須賀克行(ブリヂストン)がセッション残り1分で2:05.799という好タイムをマーク。自身が持つ2:05.192のレコードには届かなかったものの、A組2番手の柳川明(ブリヂストン)に2秒近い大差をつける。

B組の予選セッションは大荒れ。高橋裕紀(DL)が他車との接触で転倒。加賀山就臣(DL)も転倒。セッション残り1分のところで高橋巧(ブリヂストン)がオーバーランと、次々にトップライダーをアクシデントが襲う。この組のトップタイムは津田拓也(ブリヂストン)で2:07.487。高橋は0.5秒差の2番手。この結果、中須賀が圧勝でポールポジションを獲得。津田・高橋・柳川と続いた。さらに山口辰也(ブリヂストン)・渡辺一樹(ブリヂストン)が6番手と7番手につけるなど、トップ10のうち8チームをブリヂストンユーザーが占めた。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る