[HONDA]AMA SX Rd.15 カナード5位、ボーグル6位、シーリーは7位

160425_21

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第15戦は、4月23日(土)にマサチューセッツ州フォックスボロのジレット・スタジアムで開催されました。

Team Honda HRCのトレイ・カナードは、2回目のタイムアタック予選で全体2番手となる1分01秒813をマーク。4戦ぶりにケガから復帰したコール・シーリーは、1分02秒385で5番手、GEICO Hondaのジャスティン・ボーグルは8番手でした。

予選ヒートレース。1組目に出走したカナードは、オープニングラップ5番手から2周目4番手に順位を上げると、4周目にさらに1つ順位を上げて3番手に浮上。このポジションを保って3番手でチェッカーを受けたカナードは、ファイナルへの直接の進出を果たしました。同組ではボーグルがオープニングラップから2番手を走行、2番手でフィニッシュし、カナードとともにファイナルへの直接の進出を果たしました。また、ヒートレース2組目に出場したシーリーは、オープニングラップを4番手でクリアするも、中盤ミスで順位を落とし9番手。セミファイナルもDNSとなったシーリーは、ラストチャンスに臨むとオープニングラップ2番手から2周目にトップに浮上してチェッカーを受け、第11戦デトロイト以来となるファイナル出場を果たしました。

ファイナル決勝レース。Honda勢ではボーグルが6番手、カナードがボーグルに続く7番手、大きく出遅れたシーリーは18番手でオープニングラップをクリアしました。レース序盤、カナードは5番手に浮上しましたが、前半から周回遅れが出るレース展開となり、後半懸命に表彰台を目指したカナードは、4位と2.6秒差の5位でチェッカーを受けました。ボーグルは6位。不利なスタート位置から前半10番手までばん回したシーリーは、後半も確実に順位を上げて、7位でフィニッシュしました。この結果、ポイントランキングでシーリーは7位、カナードは8位となっています。

一方、イースト地区7戦目となった250SXでは、GEICO Hondaのマルコム・スチュワートが3位表彰台を獲得し、ランキングトップを保持しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  2. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
  4. 全日本ロードレース選手権最終戦第49回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿が、鈴鹿…
ページ上部へ戻る