K’s-STYLE、2スト「Ninja150RR」を全国K’s-STYLEショップでの取り扱いに拡大

160425_125

オートバイの輸入、販売を行っているK’s-STYLEは、海外専用モデルとなる「Ninja150RR」において、全国のK’s-STYLEショップでの取り扱いを開始することを発表した。

販売されるモデルは、2014年式、2015年式の2モデル。販売価格は保証1年付きで、553,500円(本体価格512,500円、消費税41,000円)。

「Ninja150RR」は水冷2サイクル単気筒を搭載し、最高出力29psとコンパクトで軽い車重と相まって2サイクル特有の驚異的な加速力とスピードを味わうことができる1台。アジア圏で生産が続いており、フルパワーの2サイクルを体験することができる。

【関連ニュース】
◆【新車】MSLゼファー、カワサキ2スト車、Ninja150RRとNinja150SSの販売を開始 高速での試乗も可能!

>>K’s-STYLEショップ検索はこちら

Kawasaki Ninja RR 150cc(2スト)エンジン始動&排気音

「Ninja150RR」取り扱い開始

160425_126

▼Ninja150RR 2015年グリーン
希望小売価格:539,900円(本体価格499,907円、消費税39,993円)
160425_125

■Ninja150RR 2014年グリーン
希望小売価格:539,900円(本体価格499,907円、消費税39,993円)
160425_127

日本国内では生産が終わり見ることのできなくなった、いわゆる2サイクル(2スト)のバイク。しかし、アジア圏では未だに走り続けている2サイクルのバイクがあるのをご存知だろうか。カワサキのNinja150RRもそんなバイクのうちの1台だ。Ninja150RRに搭載されている水冷2サイクル単気筒のエンジンが放つ最高出力29psという圧倒的なパワーは、コンパクトで軽い車重と相まって2サイクル特有の驚異的な加速力とスピードを体感することができる。

例えば、130kmという速度に到達するのもあっと言う間と感じるほどだ。車重が軽いということはつまり旋回性能が高いと言うことでもある。さらにフルカウルモデルのRRでは整流効果も期待できる。2ストならではのエンジンフィールはライダーの所有欲を満たし、非日常を体感させてくれる。普段の走行から鋭いコーナリングまで軽快にこなす、まさに「異次元のポテンシャル」を与えてくれる”最後の2スト”遂に日本に上陸!

・ケイズスタイル保証1年付き。
・上記価格には箱出し料、保険料、税金(消費税を除く)、排出ガス試験結・果成績表費用等の登録などに伴う諸費用は含まれません。
・車体カラーは、実際の色と多少異なる場合があります。
・改良のため、仕様および諸元は予告なく変更する場合があります。
・掲載写真は、実際の輸入車両と仕様が異なる場合があります。

スペック

全長×全幅×全高 1,930×720×1,095(mm)
軸間距離 1305mm
最低地上高 145mm
シート高 —mm
Fサスペンション 33mm正立テレスコピック
Rサスペンション モノショックサスペンション
Fブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
Rブレーキ ディスクブレーキ・ツインポート
車両重量 134kg
エンジン 水冷2サイクル単気筒
始動方式 キックスタート
点火方式 CDI・キャブレター ミクニ VM28
ボア×ストローク 59.0×54.4(mm)
圧縮比 6.9:1
最高出力 29ps/11,000rpm
最大トルク 20N・m/9,000rpm
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーンドライブ
ギヤレシオ 1速 2.700(27/10)
2速 1.706(29/17)
3速 1.300(26/20)
4速 1.091(24/22)
5速 0.952(20/21)
6速 0.864(19/22)
駆動比全体 7.874@トップギア
燃料タンク容量 10.8L
サイドオイル容量 0.8L
クーラント容量 1.3L
タイヤサイズ (F)90/90-17 49S
(R)110/80-17 57S
上記数値はオーナーズマニュアルより転載
【関連ニュース】
◆【新車】MSLゼファー、カワサキ2スト車、Ninja150RRとNinja150SSの販売を開始 高速での試乗も可能!

→全文を読む

情報提供元 [ K’s-STYLE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る