【新車】ホンダ、新型「GROMレースベース車」を5月下旬より全国のHRCサービスショップで発売

160425_115

ホンダ・レーシング(HRC)は、新型「GROMレースベース車」を5月下旬より全国のHRCサービスショップ(以下サービスショップ)に供給し発売する。
また、「GROMレースベース車」を使用したワンメイクレース「HRC GROM Cup」を、7月より全国のサーキットで開催する。

これによってパーツも多くリリースされることが期待でき、カスタムの幅もさらに広がっていくものと考えられる。また、GROMはグローバルに販売されているモデルであり、国をまたいだ選手権の開催も考えられる。特にアジア圏においても多くの台数が販売されており、そのレース需要にも答えた形だ。
ミニバイクレースなどに関わるi-FACTORYではいち早く価格を発表しており、予価350,000円(+消費税)として、サイト上で発表している。

同カテゴリーに属するNSF100はまだ生産が続いているが、「GROMレースベース車」へ統合していく可能性が高い。多くのミニバイクレーサーに愛されたNSF100、今後もその動向に注目だ。

新型「GROMレースベース車」について

「GROMレースベース車」は、レース走行に不要なパーツ(ヘッドライトやストップランプ等)を外し、ECUやハーネスをレース専用のパーツに交換。また、ハンドシフター、ピットレーンスピード制御スイッチ、モード切り替えスイッチを装備した本格的なレースベース車としています。

このレースベース車を各サービスショップが、独自開発したレース走行に必要なパーツ(カウル・サイレンサー・ステップ等)を組み込み、完成車として発売します。

※販売時期・仕様・価格については、各サービスショップにお問い合わせ下さい。また、「GROMレースベース車」を使用したワンメイクレース「HRC GROM Cup」を、7月より全国のサーキットにて開催します。(詳細は別紙参照)さらに、年末にツインリンクもてぎにて「グランドチャンピオンシップ」の開催も計画しています。(現在サーキットと調整中)

販売時期・仕様・価格については、各サービスショップにお問い合わせ下さい。

上記画像はレース専用部品を組み込んだイメージ画像です。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る