[HONDA]MotoGP Rd.4 フリー走行 マルケスが2番手タイム。2年ぶりの大会制覇と3連勝に向けて好スタート

160425_08

■2016年4月22日(金)・フリー走行
■会場:ヘレスサーキット
■天候:晴れのち曇り
■気温:25℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

ヨーロッパラウンドの初戦となった第4戦スペインGPのフリー走行は、午前中は雲の多い天候でしたが、午後になって青空が広がる絶好のコンディションとなりました。序盤の3戦を終えて、総合首位でホームグランプリを迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、金曜日からスタンドに陣取った地元ファンの声援を受けて2番手発進。2年ぶりの大会制覇と、第2戦アルゼンチンGP、第3戦アメリカズGPに続く3連勝に向けて、絶好のスタートを切りました。

大会の舞台となるヘレスサーキットは、マルケスにとって走り慣れたサーキットですが、ミシュランタイヤで走るのは初めてのことです。そのため、タイヤのフィーリングを確かめながらペースを上げました。午前のセッションは5番手でしたが、午後のセッションでは約1秒タイムを短縮して2番手に浮上しました。土曜日の予選では、史上2番目の記録となる61度目のポールポジションの獲得を目指すことになります。

2年ぶりのスペインGPとなるチームメートのダニ・ペドロサは、午前のセッションで4番手タイムとまずまずのスタートを切りましたが、午後のセッションではタイムを更新できず、8番手へとポジションを落としました。今大会は、フロントカウルのウイングのテストなど、データの収集に多くの時間を割きました。そのため、午後のセッションではタイムを更新できませんでしたが、土曜日の走行につながる一日となりました。

以下、カル・クラッチロー(LCR Honda)は13番手。ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は20番手、ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は21番手となりました。ともに2日目で、タイムの短縮とポジションアップに挑みます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る