[HONDA]MotoGP Rd.4 決勝 マルケスが4戦連続の表彰台獲得となる3位。ペドロサが4位

160425_06

■2016年4月24日(日)・決勝
■会場:ヘレスサーキット
■天候:晴れ
■気温:25℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:6万3350人(3日間:12万255人)

MotoGP レポート

第4戦スペインGPの決勝は、青空が広がる絶好のコンディションのもとで行われ、予選3番手から決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、開幕から4戦連続の表彰台獲得となる3位でチェッカーを受けました。今大会は、予選、決勝ともにヤマハ勢が好調で、マルケスはバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソの後塵を拝するも、チャンピオンシップをにらんでしっかりと3位でフィニッシュ。総合首位をキープしました。

今大会は、4月22日(金)、23日(土)、24日(日)と、日を追うごとにスペインらしい天候に。決勝日は、3日間で最も日差しが強く、路面温度が高くなりました。その影響もあり、予選までとフィーリングが変わったというマルケスは、序盤こそヤマハ勢の2人を追走しましたが、中盤以降は3番手をキープする作戦に切り替えました。第2戦アルゼンチンGP、第3戦アメリカズGPに続く3連勝は果たせませんでしたが、これでマルケスは、開幕から4戦連続で表彰台を獲得。総合首位のままヨーロッパラウンドのスタートを切りました。

チームメートのダニ・ペドロサは、予選7番手から好スタートを切り、序盤はトップグループに加わりました。その後、トップグループからジリジリと引き離され、中盤以降は、アレックス・エスパルガロ(スズキ)と4番手を争った末、エスパルガロを引き離して4位でチェッカー。総合4位をキープしました。

予選10番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda)が11位でフィニッシュ。今季初めてポイントを獲得しました。今年は開幕から3戦、転倒などでノーポイントのレースが続いていました。今大会もRC213Vのパフォーマンスを完全に引き出せたとは言えませんが、次戦に向けて一歩前進するレースとなりました。

第3戦アメリカズGPで痛めた右足が、まだ完全ではないジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は17位。ミラーと接近戦を続けたティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Mark VDS)が18位でチェッカーを受けました。ミラーとラバトは今大会、ポイントの獲得は果たせませんでしたが、Honda勢の5台すべてが完走しました。

【フォトギャラリー】
【HONDA】MotoGP Rd.4 マルケスが4戦連続の表彰台獲得となる3位

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る