[YAMAHA]MotoGP Rd.4 フリー走行 晴天のスペインで、ロレンソが初日をトップで終了

160425_05

■大会名称:MotoGP第4戦スペインGP
■開催日:2016年4月22日(金)フリー走行総合結果
■開催地:スペイン/へレス(4.423km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度
■路面温度:34度

ヨーロッパラウンドに突入!
晴天のスペインで、ロレンソがフリープラクティス初日をトップで終了

2016MotoGPシーズンのヨーロッパラウンドが、スペインのヘレスでスタート。初日は、2回のフリープラクティスが行われ、Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが両セッションでトップ、V・ロッシは総合5番手を獲得した。

フリープラクティス1、ふたりのライダーは、リアのグリップ不足などに苦しみながらも、素早くリズムをつかんでペースアップ。地元ファンの声援を受けて走るロレンソは序盤で4番手とすると、その後もタイトでツイスティーなレイアウトの中を、俊敏なマシン、スムースなライディングで速さを披露。第1セッションの終盤で1分40秒270を記録し、2番手に0.257秒差をつけてトップを獲得した。午後からのフリープラクティス2でも同様の活躍。様々なセッティングを試しながらも2番手につけ、セッションのほとんどでこのポジションをキープした。そして終盤で1分39秒555に上げ、2番手に0.345秒の差のトップに浮上に立った。

チームメイトのロッシも好調な滑り出し。フリープラクティス1の開始早々にトップに立ち、その後もハイペースをキープ。残り20で、1分40秒676を記録して再びトップに浮上した。その後はタイムを更新できずにセッション終盤で3番手に後退。トップとの差は0.406秒。

フリープラクティス2は、セッティング作業を続けながら、ほとんどの時間帯でトップ3をキープ。しかし終盤になって全体のペースが上がってくると徐々に後退。最終的にはトップのロレンソから0.727秒差、1分40秒282のベストラップで5番手となった。この結果、ロレンソが総合トップ、ロッシは総合5番手で初日を終えた。

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、フリープラクティス1で合計19ラップを走行して12番手。フリープラクティス2はポジションアップを目指したが、14番手に終わった。明日はペースを上げ、予選で好位置を獲得すべく、集中を高めている。

チームメイトのB・スミスは、エスパルガロから0.120秒差の16番手となった。フリープラクティス1が始まると同時に全力で走行を開始し、日曜日の決勝に照準を合わせてセッティングを行った。午後のフリープラクティス2でもセッティングを続けながら、終盤で自己ベストを更新。明日はさらなるステップアップを目標に、予選に臨む。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る