[YAMAHA]MotoGP Rd.4 予選 ロッシがポールポジション、ロレンソが2番手でヤマハがワンツー!

160425_04

■大会名称:MotoGP第4戦スペインGP
■開催日:2016年4月23日(土)予選結果
■開催地:スペイン/へレス(4.423km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度
■路面温度:29度
■PP:V・ロッシ(1分38秒736/ヤマハ)

ロッシがポールポジション、ロレンソが2番手でヤマハがワンツー!

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、2日目も好調をキープ。激しいトップ争いを繰り広げ、ロッシがポールポジション、ロレンソが2番手とし、ふたりそろってフロントローを獲得した。

ロッシはフリープラクティス3で1分39秒前半に入れてファステストラップを更新。好調のまま、フロントローを目指し予選に臨んだ。QP2では十分なクリアスペースを確保し、最後尾からタイムアタックを開始。最初のラップで1分39秒761を記録して3番手につけ、その後1分39秒463まで更新したが、ポジションアップはならなかった。

残り5分半でピットに戻り、1分足らずで復帰。アタックの時間はわずかしかなかったが、チェッカーフラッグが提示されたあとになって39秒台の壁を破り、1分38秒736を記録した。これで今季初、昨年のオランダGP以来、全クラスを通じて62回目のポールポジションを獲得。同時に、その最多獲得回数で、ロレンソと並び歴代トップに立った。

地元のヒーロー、ロレンソは、フリープラクティスでは4回中3回でトップを獲得。QP2でも真っ先にコースインしてペースを上げ、1分39秒405でトップに立った。ピットインの間に2番手に後退し、残り9分強で一旦コースに復帰。ところが不具合があり、すぐさまピットインを強いられてしまう。再びマシンを乗り換えて最後のアタックに臨み、1分38秒858で暫定トップへ。しかし、最後の最後にロッシがこのタイムを上回り、2番手となった。その差はコンマ1秒足らず。

エスパルガロはサテライト勢トップの8番手を獲得

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、今季初のヨーロッパラウンドを3列目からスタートする。フリープラクティス3ではトップからわずか0.191秒差で3番手を獲得。これで直接QP2へ進出し、その7ラップ目に自己ベストを更新して8番手を獲得した。

一方のB・スミスは、5列目となった。午前中のフリープラクティスでは、セッションを通して懸命にプッシュし続けるも14 番手に留まり、QP2への進出を逃してしまった。QP1ではラスト2ラップで自己ベストを更新。明日の決勝ではロケットスタートからのポジションアップを狙う。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る