【ケニー佐川 コラム】ワインディング系暴走ライダーに言いたいこと

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20160422_cm

また苦言を呈さなくてはならない。交通マナーについてだ。言いたくはないが、かといって黙っているとより悪い方向にいってしまう。最悪の結果になってしまう前になんとかしないとならない。

箱根や伊豆で出会った「危険な走行」の現実

ロケやツーリングでよく出かけるのが箱根や伊豆方面。先週もマスツーリングに出かけたが、そこで出会ったのがワインディングで暴走を繰り返す一団。

単独もいれば、数台が一緒に連なって大暴走大会を繰り広げている。革ツナギにフルフェイス、爆音をふりまくレーシングマフラーとプロダクションレース用タイヤを履いて、同じ区間をまるで公道レースまがいのペースで車体を軋ませながら走っている。

さらに追い打ちをかけるように、普通にツーリングを楽しむライダーたちをインからアウトから抜いていく。一度など、ブラインドになっている左コーナーを黄色のセンターラインの外側から飛び込んでいった輩がいて、「うわっ、危ない」と思った瞬間、対向車が現れて危うく正面衝突かという場面も。間一髪回避できたが、対向車だけでなく後続のバイクにも急ブレーキをかけさせていた。

もう見てられないというか、いつか近い未来に必ず事故を起こすだろうと確信できる走り方だ。事故が起きてしまってからでは遅いのだが、少なくとも誰も巻き添えを出さないよう祈るだけだ。
こういった危険な走行で、他人を巻き込んでしまうような行為は、マナーどころかルール違反も甚だしく、もっと言えば犯罪に近いのでは。

気持のいい春の陽気と美しい景色に囲まれて穏やかな気分でいたいのに、彼らの心無い行いのせいで一瞬のうちに台無しになってしまった。

20160422_cm01

事故に対する意識の欠如

以前、自分ひとりのときに、同じような一団を見かねて遠回しに諭したことがあった。展望スペースでたむろしている彼らは、少なくとも20代の若者という感じではない。

「ここは道に慣れていないサンデードライバーも多いから、もう少し慎重に走ったほうがいいですよ」と私。すると、驚いたことに「ヘタな連中が多いから危ないよね」と彼ら。「でも、一般の人から見たら、逆にキケンな走りと思われているかもしれませんよ」と続けたら、カチンときたようで表情が一変、無視されてしまったことがあった。

また以前にも「自分が単独で死ぬぶんには別に構わないでしょ」と言ってのけた輩もいた。それは想像力が欠如しているとしか言いようがない。大きな事故が起きれば、交通規制が敷かれて渋滞も起きるだろうし、警察や救急隊やドクターヘリが出動したり、事故の後始末だって人手がいる。

20160422_cm02

道路が傷めば補修も必要だし、事故の影響でその路線が二輪通行禁止となり、多くの一般ライダーが楽しみを奪われることになるかもしれない。

たとえ親兄弟すらおらず天涯孤独で友人も仕事関係の付き合いもない人であっても、それだけの迷惑をかけることになるのだ。そして、誰がその代償を払う?子供でも分かりそうなことだ。

その場にいるとカッとなってつい感情論になってしまいがちだが、ここはひとつ冷静になって理詰めで根気よく改善策を考えていくしかない。単に取締りを強化するだけではイタチごっこになってしまうだろう。

ライダー仲間でも現地で草の根運動を続けている人たちもいる。まずは、ライダーひとりひとりの自覚が必要。そして、できれば勇気をもってひと声かけてあげたい。「大人げないよ」と。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪オークションを運営するビーディーエスは、「第1回柏バイク祭り」を10月22日(日)にビー…
  2. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  3. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  4. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
ページ上部へ戻る