【新車】ヤマハ、インドで“Blue Core”エンジン搭載のスクーター「Cygnus Ray ZR」を発売 さらなる販売拡大を目指す

160422_112

ヤマハ発動機は、スタイリッシュなボディに排気量113cm3の“Blue Core”エンジンを搭載したスクーターの新製品「Cygnus Ray ZR(シグナス レイ ジーアール)」を2016年4月下旬からインド市場で発売する。

「Cygnus Ray ZR」は、10代から20代の男性を中心に人気の現行「Cygnus Ray Z」の次世代モデルとして、≪Next Generation “REAL” Boys Scooter≫をコンセプトに開発された。 「Cygnus Ray Z」はコンパクトかつスポーティな外観が人気を集め、インドでは発売2年9ヵ月で約27万台と販売台数が伸びている。

「ZR」といえばヤマハのスクーターラインナップにおいてスポーティーな位置づけのグレードにつけられてきた呼称でもある。大きなセールスを記録した2サイクル「JOG ZR」など、国内でも親しまれてきた。インドのライダーにとっても「ZR」が、特別なスポーツモデルとして認識されるていくはずだ。

伸長続くインドスクーター市場に向けたスタイリッシュな新製品 若い男性向けスクーター「Cygnus Ray ZR」を発売

インドの二輪車市場は2015年、約1,600万台の需要があり2018年は1,900万台規模へと伸長が見込まれています。この中でスクーターの占有率は約4分の1です。その多くはボディが比較的ゆったりしたファミリー向けモデルでしたが、「Cygnus Ray Z」はコンパクトかつスポーティな外観が人気を集め、累計販売台数は発売2年9ヵ月で約27万台となります。(2016年2月現在)

「Cygnus Ray ZR」は、現行モデルのコンセプトを受け継ぎながら、トレンドに敏感な若者のニーズに応えるスタイリングが特色です。彫が深く力強いフロントマスク、レイヤー感漂う直線ライン、スピーディさと抑揚感あるテールまわりなどをバランスさせ、“REAL Boys Scooter”を具現化するデザインとしました。また余裕あるシート下トランクやクッション厚を増やしたタンデムシートなど、実用性と快適性を考慮しています。

1)アルミ製ホイール
2)ディスクブレーキ
3)ダウンフェンダー

標準モデルに加え、上記を装備する上級モデルの2仕様を設定しています。

当社はこれまで、インドスクーター市場において、女性向け「Cygnus Ray」、若い男性向け「Cygnus Ray Z」、ファミリー向け「Cygnus α」、プレミアムファッションスクーター「Fascino」を順次発売し、多様なユーザー層に呼応すべく、ラインナップを拡充してきました。今後も伸長の見込まれる同市場において、さらなる販売拡大を目指します。

名称:「Cygnus Ray ZR」
発売日:2016年4月下旬
メーカー希望小売価格:標準モデル:52,000インド・ルピー
           上級モデル:54,500インド・ルピー
           (デリー店頭小売価格)
販売計画:13万台(2仕様合計/発売から1年間/インド国内)

Cygnus Ray Z

>>インドヤマハ:Cygnus Ray Z
160422_113

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る