【新車】スズキ、14インチ大径ホイールスクーター「アドレス110」のシート表皮デザインを変更して発売

160418_20

スズキは、街中での使い勝手の良さを追求した軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したエンジンを搭載した、新型110cc原付二種スクーター「アドレス110」の一部を変更し、4月27日から発売する。

「アドレス110」は、クラストップレベルの軽量な装備重量 97kg による取り回しの良さや、51.2km/Lの燃費性能と低中速域での優れた加速性能を特長とし、大容量のシート下トランクスペース、 フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常の使い勝手の良さを考慮したモデル。

また、シャープで引き締まった躍動感のあるデザインが採用され、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観を持っている。

今回の主な変更点は、シート表皮のデザイン変更となる。車体色はブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラックの3色展開で、メーカー希望小売価格は205,200円(消費税抜き190,000円)。

新型「アドレス110」

ブリリアントホワイト

160418_20160418_21

アイスシルバーメタリック

160418_22160418_23

タイタンブラック

160418_24160418_25

メーカー希望小売価格

205,200円(消費税抜き190,000円)

発売日

2016年4月27日

車体色

ブリリアントホワイト (YUH)
アイスシルバーメタリック (YNJ)
タイタンブラック(YVU)

主な変更点

・ シート表皮のデザイン変更
※色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

主な特長

エンジン・車体

・ クラストップレベル※1の軽量な装備重量97kgによる駐輪時の取り回しの良さや、軽快な走行。
・ 燃焼効率向上と、摩擦抵抗の低減により 51.2km/L※2の燃費性能を実現したパワフルなエンジン。
・ 安定した走行を実現する、14インチ大径ホイール。

装備

・ フルフェイスヘルメットだけでなく、レインコートやグローブも同時に収納できる 20.6Lの大容量シート下トランクスペース※3
・ フロントインナーラックは、左側に600ml、右側に500mlのペットボトルを1本ずつ収納可能※4
・ シート開錠機能付ステアリングロックには、鍵穴をカバーすることができるシャッターキーを採用。
・ 駐輪時に便利なサイドスタンドを標準装備。
・ 駐輪時に後輪のブレーキを掛けた状態を維持できるブレーキロックシステム。

デザイン

・ 原付二種らしい機動力を表現する、シャープかつコンパクトに引き締まったデザイン。日常の使い勝手に配慮しながら、グローバルに通じる魅力的な外観。
・ 車体色は、白「ブリリアントホワイト」、シルバー「アイスシルバーメタリック」、黒「タイタンブラック」の3色設定。

※1 国内原付二種スクータークラス。2016年3月現在、カタログ調べ。
※2 WMTC モード測定値、スズキ調べ。実際の燃費は、気象・道路・車両・運転・整備などの状況で異なる。
※3 形状、大きさによりシート下トランクスペースに収納できないヘルメットや小物もある。最大積載許容重量 10kg。
※4 形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもある。最大積載許容重量 1.5kg。

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る