【新車】ホンダ、「PCX150」に上質感を高める新色「パールダークアッシュブルー」を追加し発売

2160421-pcx150_001H

ホンダは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ている軽二輪スクーター「PCX150」のカラーバリエーションを変更し、4月22日(金)に発売する。

新色は、深みのある色合いが上質感を高める「パールダークアッシュブルー」を採用。従来のマットテクノシルバーメタリック、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリックを含む全4色のカラーバリエーションとした。

軽二輪スクーター「PCX150」のカラーバリエーションを変更し発売

PCX150は、ヘッドライト、テールランプなどの全灯火器にLEDを採用したスタイリッシュで高級感のある外観に、耐久性と静粛性、燃費性能に優れた力強い出力特性の水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。通勤・通学などの市街地走行から有料道路を利用したツーリングまで、さまざまなシチュエーションでの利便性の高さから、幅広い層のお客様に高い支持をいただいている軽二輪スクーターです。

今回、PCX150の新たなカラーリングとして、深みのある色合いで上質感を演出するパールダークアッシュブルーを採用。従来のマットテクノシルバーメタリック、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリックを含む全4色のカラーバリエーションとしました。

※ 1enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です

■PCX150のカラーバリエーション
・パールダークアッシュブルー(新色)
・マットテクノシルバーメタリック
・パールジャスミンホワイト
・ポセイドンブラックメタリック

■販売計画台数(国内・年間)
5,000台

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
360,720円(消費税抜き本体価格 334,000円)

※ 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

PCX150 パールダークアッシュブルー(新色)

2160421-pcx150_001H

2160421-pcx150_002H

主要諸元

通称名 PCX150
車名・型式 ホンダ・JBK-KF18
全長×全幅×全高(mm) 1,930×740×1,100
軸距(mm) 1,315
最低地上高(mm) 135
シート高(mm) 760
車両重量(kg) 131
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式・種類 KF18E・水冷4ストローク
OHC 単気筒
総排気量(cm3) 152
内径×行程(mm) 58.0×57.9
圧縮比 10.6
最高出力(kW[PS]/rpm) 10[14]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 14[1.4]/5,000
燃料消費率※2(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
52.9(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
45.6
(クラス2-1)※3<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 8.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.400〜0.800
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°00´/86
タイヤ 90/90-14 M/C 46P
100/90-14 M/C 51P
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン
【関連ニュース】
◆【新車】ホンダ、特別仕様の「PCX Special Edition」と「PCX150 Special Edition」を限定発売

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  2. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
ページ上部へ戻る