【新車】ホンダ、原付二種スクーター「リード125」に新色を追加し発売

2160421-lead125_001H

ホンダは、スタイリッシュで実用性に優れた原付二種スクーター「リード125」に新色を追加し、4月22日(金)に発売する。

新色はキャンディーノーブルレッドとなり、全5色の豊富なカラーバリエーションが用意されている。

「リード125」に新色を追加し発売

リード125は、低フリクション技術とアイドリングストップシステムによる優れた燃費性能と環境性能、力強い出力特性を実現する水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。シート下のラゲッジボックスは37L※2の大容量を確保するなど、ビジネスからレジャーまでさまざまなシチュエーションで使い勝手に優れ、幅広い層のお客様に支持されている原付二種スクーターです。

今回、上質感のあるキャンディーノーブルレッドを追加し、全5色の豊富なカラーバリエーションとしました。

※1 enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2 Honda調べ

■リード125のカラーバリエーション
・キャンディーノーブルレッド(新色)
・エグザルテッドブルーメタリック
・アルテミスシルバーメタリック
・ポセイドンブラックメタリック
・パールジャスミンホワイト

■販売計画台数(国内・年間)
8,000台

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
293,760円(消費税抜き本体価格 272,000円)

※ 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

リード125 キャンディーノーブルレッド

2160421-lead125_001H

2160421-lead125_002H

主要諸元

通称名 リード125
車名・型式 ホンダ・EBJ-JF45
全長×全幅×全高(mm) 1,835×685×1,125
軸距(mm) 1,275
最低地上高(mm) 140
シート高(mm) 760
車両重量(kg) 114
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式・種類 JF45E・水冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.4[11]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/5,000
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
51.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
48.5
(クラス1)※4<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 6.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.600〜0.820
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/75
タイヤ 90/90-12 44J
100/90-10 56J
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る