[KTM]EnduroGP Rd.2 E1クラスのワトソンが早くも連日の表彰台を獲得

160421_136

『2016エンデューロGP/第2戦ポルトガル』。ファクトリーチーム/KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#91Nathan Watson(ネイザン=ワトソン/250EXC-F)は初日3位/2日目2位、#25Ivan Cervantes(イワン=セルバンテス/250EXC-F)は初日7位/2日目8位、ハードエンデューロシリーズを主戦場とするKTMのファクトリーライダー/#11Taddy Blazusiak(タディ=ブラズシアク/250EXC-F)は初日8位/2日目11位でフィニッシュ。 E2クラス(2st250cc/4st450cc)に参戦した#33Taylor Robert(テイラー=ロバート/350EXC-F)は初日3位/2日目優勝、#7Christophe Nambotin( クリストフ=ナンボティン/350EXC-F)は怪我のため本大会をキャンセルしました。

2016年、エンデューロ世界選手権からエンデューロGPへとレース名が変更になるとともに、今シーズンから E1/E2/E3クラスのレースタイムを合わせて順位をつける「GPクラス」が新設されました。その第2戦ポルトガル、舞台となったゴウヴェイアはポルトガル第2の都市/ポルトから東に168kmの場所にある、スペインとの国境に近い街。そこでワトソンとロバートの、KTMファクトリーチームのニューカマー2人が好レースを展開しました。

今シーズン、モトクロスからエンデューロへとスイッチしたワトソンはE1クラスで初日3位/2日目2位と好レースを展開。またアメリカからエンデューロGPへとやってきたロバートはE2クラスで初日3位/2日目優勝という好成績を獲得しました。土曜日は降り続いた雨の影響でコースコンディションが悪化。3ラップを消化したところでレースが中止。そして日曜日も雨は降り続いたのでした。

今シーズンからE2クラスへと戦いの場を移したナンボティンは開幕戦モロッコで手首を負傷。その影響で今大会をキャンセル。次戦ギリシャで復帰する予定です。またE1クラスを戦うベテラン/セルバンテスは初日7位/2日目8位でフィニッシュ。またハードエンデューロシリーズを主戦場とするKTMのファクトリーライダー/タディ=ブラズシアクは初日8位/2日目11位でレースを終えました。

ワトソンのコメント:
「タフな週末だったが両日ともに表彰台を獲得することができ、苦労した甲斐があった。2日目はレースを楽しむことができた。スペシャルテストは確かに難しかったがプッシュし続けることができた。エンデューロテストでもエクストリームテストでも、マシンは完璧だった。開幕戦からいままで、自分はあらゆることにチャレンジしている最中だ。これまでのところ良いスタートが切れている。まだ学ぶべきことが多くあり、改善すべきこともある。次戦/ギリシャでのレースも楽しみだ」

ロバートのコメント:
「開幕戦後に、次戦では表彰台に立ちたいと言っただけに、今日ここに立つことができて嬉しい。雨は慣れているが、これほど多くの雨水を含んだコース経験が無い。今日の経験によって自分はドライコンディションが得意だということを思い知らされた。地元では年間雨量が20mm程度しかなく、ここではそれ以上の雨が降ったようだ」

次戦/第3戦は5月21日(土)22日(日)にギリシャで開催されます。

【Day1/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Jamie McCanney
3, Nathan Watson – KTM

7, Ivan Cervantes – KTM
8, Taddy Blazusiak – KTM

■E2 Results
1, Matthew Phillips
2, Mathias Bellino
3, Taylor Robert – KTM

■GP Results
1, Matthew Phillips
2, Mathias Bellino
3, Steve Holcombe
4, Taylor Robert

12, Nathan Watson

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 80
2, Watson(KTM), 62
3, McCanney, 62

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Phillips 74
2, Bellino, 65
3, Robert(KTM), 58

◎GPクラスポイントスタンディングス
1, Phillips, 66
2, Bellino, 61
3, Holcombe, 61

【Day2/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Nathan Watson – KTM
3, Jamie McCanney

8, Ivan Cervantes – KTM
11, Taddy Blazusiak – KTM

■E2 Results
1, Taylor Robert – KTM
2, Matthew Phillips
3, Alex Salvini

■GP Results
1, Steve Holcombe
2, Eero Remes
3, Nathan Watson
4, Taylor Robert

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る