NAVITIME、iOS向けナビアプリ『カーナビタイム』に「時刻別ルート比較」機能の提供を開始

160419_168

ナビタイムジャパンは2016年4月15日(金)より、iOS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』において、「時刻別ルート比較」機能の提供を開始した。

この機能は、出発時間を1時間ずつ遅らせた場合の所要時間と料金の差を一覧で表示する機能となっており、所要時間が1時間以上のルートを検索した場合には、自動で比較ルートを検索してくれる。

~出発時刻を遅らせた場合の所要時間と料金の差を一覧で表示。時間をずらして渋滞回避!~

はじめに検索した出発時間の「推奨」ルートと比較し、10%以上所要時間や、料金を削減できる場合に、「時刻別ルート」アイコンのランプを点灯してお知らせします。ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始など、渋滞が多く発生する時期におすすめの機能です。

ナビタイムジャパンではこれまでも、「超渋滞回避ルート」機能や、渋滞していない道を通るとポイントが貯まりやすい「ナビタイムマイレージ」機能などを通じて、渋滞回避の促進や、渋滞緩和に貢献できるよう努めてまいりました。

本機能でも、より所要時間や料金の少ない時間帯を提案することで渋滞を回避し、また、交通量を分散させることで渋滞緩和の一助となればと考えております。

●『カーナビタイム』アプリ
・iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/id555847992?mt=8

※「NAVITIME」、「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。

→全文を読む

情報提供元 [ NAVITIME JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  2. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  3. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
  4. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
ページ上部へ戻る