ホンダ APE(エイプ)100が生産終了。 100ccキャブレターモデルとして、長くミニモトブームの牽引役に

【Webikeニュース編集部】

20160418_ape01

空冷4サイクル100ccエンジンとキャブレターを搭載する貴重なモデル、ホンダのAPE100の生産終了がアナウンスされている。

APE50の1年後に発表された「APE100」

APE100は2001年に発売されたAPE50のちょうど1年後、2002年に発表されたモデルだ。APE50が発売された当時、もっと大きな車両を望む声が上がる中、満を持して投入されたモデルだ。

原付二種の区分であることと、シンプルな機構でカスタムベースとしても人気を博し、「モンキー」と共に「ミニモト」ブームを牽引する車両となった。

エンジンはCB50系のエンジンから発展してきたもので、同エンジンを搭載する兄弟車両も多く、それが更にカスタムブームを加速させていった。
フレームはキッズレーサーであったXR80Rをベースとしており、XR80もやがてXR100やCRF100へと進化していった。

排ガス規制によるカタログ落ちの危機

20160418_ape02

こうしたパーツの豊富さや、信頼性の高い構成により人気を博していたが、2008年には排出ガス規制を受けて、一時生産存続の危機が訪れる。

多くのメーカーのキャブレターモデルが生産終了となる中で、APE100は触媒とキャブレターのセッティング変更などで、見事規制をクリアし生産を続けた。
この頃には、キャブレターモデルの車両も順次FIに置き換わるなど、「キャブレター」装着車両であること自体が貴重となっていった。

そして生産の継続に合わせて、以前より要望の多かった前後ティスクブレーキ仕様の「TypeD」が追加された。これは同様にラインナップされてたXR100モタードの装備であり、XR100モタードの生産終了を受けての処置とも言えた。

現在では、グローバルに販売展開がされている「GROM」がラインナップに存在しており、FIを搭載してAPE100が復活を果たすのかは不透明だ。APE50はFI化をすでに果たしており、現在も生産を続けている。
いずれにせよ、この貴重な空冷縦型100ccのエンジンとキャブレターという組み合わせを持つ公道モデルが、消えてしまうことには変わりはないだろう。

サーキットにおいても一時代を築いた

APEはカスタムモデルとして愛される一方で、各地のミニサーキットやツインリンクもてぎの「DE耐」など、APE100がカウリングを身にまとったレーサーモデルと互角に戦っていた時期も長く続いた。

最高のカスタムバイクとして、そして手軽なホビーレーサーとしても、1つの時代を築いてきた名車とこれでお別れだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る