NEXCO、高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験を昨年度に引き続き継続

160418_134

NEXCOは、2015年4月20日から1年間実施していた、『高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験』(ETC車限定)において、引き続き2017年年4月19日まで1年間の社会実験を継続することを発表した。

『高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験』は、速道路上での燃料切れ防止を目的として、中国自動車道、吉和インターチェンジ(IC)と六日市IC周辺にある市中の指定ガソリンスタンド(GS)で給油を行い、流出ICと同一ICから1時間以内に再度流入して高速道路を走行した場合、本来目的としたICまで降りずに走行した場合と同一通行料金にする社会実験となる。

>>『高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験』の開始

高速道路外ガソリンスタンドサービス社会実験(ETC車限定)を昨年度に引き続き継続します

中国自動車道 吉和インターチェンジ(IC)または六日市ICでは、高速道路を降りてからのガソリンスタンドで給油が可能です。(ETC車限定です)給油後に降りたICから再度お乗りいただければ、高速道路を降りずに利用した料金でご利用いただけます。

1.実験継続期間
平成28年4月20日~平成29年4月19日

2.適用場所
以下の指定ガソリンスタンド(夜間は営業していません。(詳細は別添資料(2,105KB)をご覧ください)

(株)ササキ[ENEOS] (吉和IC利用時)
(有)六日市石油[ENEOS] (六日市IC利用時)
(有)山根石油[コスモ] (六日市IC利用時)

3.適用条件について
・適用対象は給油を目的に吉和ICまたは六日市ICから高速道路に出入されたお客さまです。
・ETC車限定です。(車種は問いません。現金車は対象外です。)
適用には、指定ガソリンスタンドで給油の際にETCカードの確認が必要です。・ICを降りてから1時間以内に降りたICへお戻りください。また、ICへ戻った後の走行が進行方向と同一方向への走行のみが対象です。

(例)
広島方面から走行し、給油のため高速道路を流出。流入後に山口方面へ向かう走行は対象。
広島方面から走行し、給油のため高速道路を流出。流入後に広島方面へ戻る走行は対象外。

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 西日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る