[YAMAHA]JMX Rd.2 三原が両ヒートで表彰台獲得! 平田は第2ヒートで2位

160418_112

■大会名称:2016全日本モトクロス選手権第2戦関東大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2016年4月17日(日)
■会場:埼玉県・ウエストポイント オフロードヴィレッジ
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

「ファクトリーチームとしては勝利が第一。しかし、一歩一歩、着実な前進が大切」。田島監督が掲げる今シーズン序盤の目標。その一歩を刻むべく、精鋭を揃えたチームスタッフに、元GPライダーのJ・コピンズが、開幕戦に続きアドバイザーとして帯同する体制を築いた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」。今大会も開幕戦に続きその一歩を刻むことになった。一方の「YAMALUBE RACING TEAM」は、育成の中で、チャレンジャーとして「トップに追いつき、追い越せ」を合言葉に第2戦に臨んだ。そして決勝は、青空こそ顔を覗かしてくれるも、強風とそれによる埃で、ライダーにとっては厳しいコンディションとなった。

IA1の第1ヒートは、新加入の三原拓也が、新しいマシンのポテンシャルを引き出し、ヤマハでの初表彰台にたどり着いた。スタートは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」にとっては不運の船出となる。エースの平田優が他者に巻き込まれるかたちで転倒。ほぼ最後尾からの追い上げを強いられる。三原は完璧とはいえないまでも6番手で1周目をクリア。平田は19番手。

160418_113

三原は、序盤で5番手へ浮上すると、特に5周目以降は速いラップタイムを刻み、上位陣との差を確実に削り取っていく。最初のターゲットを熱田孝高(スズキ)に定め、まずは熱田とともに3番手の北居良樹(KTM)をパス。さらに、三原は熱田をとらえテール・トゥ・ノーズに持ち込むと、15周目にかわして3番手に浮上する。熱田のプレッシャーは、その後も続いたが、最後は振り切り3位表彰台を獲得した。

平田は、スタート後も不運が続く。2周目、フィニッシュライン直後のコーナーで、再びライバルと接触して転倒、順位を落としてしまう。しかし、その後のリカバリーは圧巻だった。上位陣と変わらぬペースで周回を重ね、3周目の18番手から9周目には9番手として、その後8番手へ。ところが17周目に入った直後、この日3度目となる転倒を喫し、最後は12位でチェッカーを受けた。優勝は成田亮(ホンダ)、2位は星野優位(KTM)。

第2ヒート、ヤマハにとって大きなチャンスが訪れる。重要なスタートで、平田が成田に続く2番手を確保。さらに三原も6番手で続いたのだ。成田との直接対決は、平田自身も望んでいた状況。開幕戦から好調の成田に、少しでもプレッシャーをかけていきたかったからだ。

160418_114

しかし、2人の差はペースが近く縮まらず、トップライダーの意地と意地のぶつかり合いとなるが、終盤に入ると成田が徐々に差を広げて優勝。平田は、一歩およばなかったものの開幕戦に続き2位表彰台を獲得して結果を残した。そして復帰から2戦目、確実にレース勘を取り戻していることを証明した。

三原も、第1ヒートに続き、再び好レースを見せる。3周目、一気に2人をかわして4番手へ。さらに、前を行く深谷広一(スズキ)に迫る。中盤以降、トップ争いと同様、3位争いもこう着状態が長く続く。そして、後半に入り三原が徐々に接近するが、深谷の前に出ることができない。勝負が決したのは17周目、マシンを接触させながらもパッシングに成功して3番手に浮上すると、その後もポジションを守り3位でゴール。自身初となる2ヒート連続で表彰台登壇を果たし、開幕戦後、自らに課したノルマを達成した。

160418_115

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  2. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
  3. 2018年10月19日(金)開催の「2018 FIM MotoGP(TM) 世界選手権シリー…
  4. スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とする125ccのストリートスポー…
ページ上部へ戻る