[HONDA]JTR Rd.2 IAS 小川友幸が圧巻の内容で開幕2連勝

160418_109

2016年4月17日(日)
決勝
会場:名阪スポーツランド(奈良県)
天候:雨のち晴れ
気温:25℃
観客:1300人
セクション:泥、斜面

開幕戦を僅差で制して第2戦を迎えた小川友幸(Honda)。天気予報では風雨が強いということでしたが、メインクラスがスタートするころには雨が止み、晴れ間も出てくる陽気に。ただし風は強く、土ぼこりと強風に苦しみながら、正確なラインを刻む難しさが出る大会となりました。

第1セクション以外はすべて難しいというこの日、まずは第2セクションが難関でした。1ラップ目はIASクラスの15人が全滅しました。2つあるヒルクライムのうち、一つ目をクリアできたのは小川と黒山健一(ヤマハ)の2人だけという難セクションです。

第3セクションは、小川が3点、黒山が1点。続く第4セクションでは小川が3点、黒山が5点と、接戦が続きます。第5セクションでは黒山が3点のところ、小川はクリーンで3点リードとし、第8セクションではタイムオーバーで5点となりました。小川は1ラップ目を終えて、1点差で黒山に続き2位。僅差での戦いの様相をていしました。

160418_108

2ラップ目、1ラップ目を走って、すでに走り方が見えてきたか、小川と黒山は第2セクション以外はオールクリーンの勢いでトライを重ねていきます。2ラップ目の減点は、小川が第8セクションでの1点のみ、黒山が第5セクションでの2点のみで、その段階で2人は同点に。勝負は3ラップ目と、2つのスペシャルセクション(SS)で決まることになりました。

3ラップ目、難攻不落だった第2セクションを、小川がついにクリーン。これで戦況は、一気に小川が優位となりました。黒山はここを5点。このあとも、黒山は3点を2つ取り、3ラップ目に12点を失いました。対して小川は、1点が3つの3点のみ。ベストラップを更新して9点差とし、SSで勝負を決めることになりました。9点差ということは、2つあるSSのどちらか一つを3点で抜ければ、その時点で小川の勝利が決まります。

SSの一つ目、滑る斜面を斜めに登る難セクション。黒山は驚異的なライディングを披露してクリーンかと思わせたものの、最後の登り斜面で失速し、5点となりました。これで小川の勝利が決定。小川はSS第1を3点で抜け、さらにSS第2をクリーンし、最終的には黒山に16点の大差をつけての勝利となりました。

小川はこれで開幕2連勝。4連覇に向けて、この2連勝は大きなスタートダッシュとなりました。

160418_110

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  2. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
  3. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  4. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
ページ上部へ戻る