[HONDA]JMX Rd.2 IA1 成田がダブルウインで開幕から4ヒート全勝

160418_107

2016年4月17日(日)
決勝
会場:ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天候:曇りのち晴れ
気温:25℃
コースコンディション:ドライ
観客:7200人

Hondaの関連施設や連携会社が多く所在する埼玉県のウエストポイント オフロードヴィレッジは、Hondaのモトクロスカテゴリーにおいて、開幕戦の舞台となった熊本製作所に隣接する、HSR九州に次ぐもう一つのホームコースです。今季第2戦は、このオフロードヴィレッジで開催されました。

2つの川に挟まれた、平坦な河川敷に設けられたコースは、タイトターンとバリエーション豊かなジャンプが配され、米国で人気のスーパークロステイストに仕上げられています。決勝が開催された4月17日(日)の天候は、曇りのち晴れ。朝から非常に強い風が吹き、特に昼前には突風で巻き上げられた土ぼこりが、ライダーと観客の視界を遮りました。

160418_105

今季、HondaワークスチームのTeam HRCは、最高峰クラスのIA1に成田亮、IA2には今年からHondaに移籍した能塚智寛が参戦。両者、開幕戦では両ヒート優勝を達成しており、コースサイドから多くの歓声が聞こえる中、2戦連続の両ヒート制覇を狙いました。

このコースは、幅が狭くてパッシングポイントが少ないことから、スタートダッシュが好成績を挙げる大きなカギとなります。そのため、Team HRCの成田は、事前テストの段階から本番を意識したスタート練習を数多く実施。決勝ヒート1では、その成果がしっかりと表れて、ホールショットを奪うことに成功しました。

レース序盤、トップを走る成田は星野優位(KTM)のマークを受け、最初の5周を終えた段階でもその差は2秒弱と、得意の先行逃げきり態勢に持ち込めずにいました。すると成田は、6周目に最速ラップタイムを記録して、さらなる攻めの姿勢に。レース前半で4秒以上のリードとしました。

後半、成田はなおもハイペースを守り、1周につきコンマ数秒と、少しずつアドバンテージを重ねていきました。すると、ラスト5周となった16周目以降、根負けした星野のペースが落ち、これで勝負あり。成田はラストラップに再び1秒以上もペースアップする余裕をみせ、トップでチェッカーを受けました。

レース中にその日一番の突風が吹き、巻き上げられた土ぼこりで前がほとんど見えない時間帯があったヒート1と比べれば、午後に行われたヒート2は青空の範囲も広がって穏やかな天候。ただし依然として風は強く、いつも以上に繊細なライディングが要求されました。そんな状況下で、成田は再びホールショットを決めました。

160418_106

このレースで、トップを走る成田を最後まで追ったのは平田優(ヤマハ)でした。序盤の3周で、成田は2秒以上のリードを築いたものの、次周に1秒ほどペースを落としたことから、再び平田の接近を許してしまいました。しかし、成田はすぐに走りを修正。その後は再びラップタイムを上げていきました。これにも平田が対応したことから、レース前半が終わった10周目の段階で、成田のリードはまだ2秒ほど。しかし、後半になってもハイペースを守る成田に対して、平田は次第に遅れ、ラスト5周となったころには、成田のアドバンテージは4秒以上になっていました。そして成田が、再びトップでチェッカーを受け、開幕4連勝を達成しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る