[YAMAHA]SBK Rd.4 天候に翻弄され、ポテンシャルを発揮できないレース展開

160418_02

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第4戦オランダ大会
■開催地:オランダ/TTアッセン(1周 4.542km)
■周回数:21周(95,382km)×2

レース1
■開催日:2016年4月16日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:12度
■路面温度:19度
■PP:T・サイクス(カワサキ/ 1分35秒440)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分36秒486)

レース2
■開催日:2016年4月17日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:9度
■路面温度:16度
■PP:T・サイクス(カワサキ/ 1分35秒440)
■FL:J・レイ(カワサキ/ 1分37秒706)

【レース1】
天候に翻弄され、ポテンシャルを発揮できないままレースを終了

アッセンTTサーキットは変わりやすい天候。Pata Yamaha Official WorldSBKのA・ローズとS・ギュントーリは、本来の実力を発揮することができず悔しい結果に終わった。金曜日のフリー走行は激しい雨に見舞われたが、土曜日は一転してドライ・コンディションへ。そのため初めて試すセッティングで第1レースをスタート。ローズは8位でゴールしたが、ギュントーリは5ラップ目の第3コーナーで転倒、リタイアとなった。

予選でアクシデントがあったローズは、グリッド12位から決意の好スタート。前方の集団を素早くすり抜けると2ラップ目で7位へ浮上し、レース中盤までにさらに2つポジションを上げた。しかし終盤になると、路面のグリップ低下と難しいコンディションに悩まされてペースが上がらなくなってしまった。その後は転倒のリスクを避けるために無理なプッシュを止め、着実なポイントゲットに目標を切り替えて完走。これによって8ポイントを獲得し、ライダー・ランキングは11位に浮上した。第2レースでの挽回を狙う。

チームメイトのギュントーリは、午前中に行われたスーパーポール・セッションで1分36秒073の好タイムを記録して2位を獲得。初めてのドライ・コンディションとなった決勝をフロントロウからスタートした。予選での好調をそのままに、序盤からトップグループに加わり4位を走行していたが、強風と路面のグリップ不足に苦しみ5ラップ目で転倒。早々にレースを終了することとなった。第2レースは、現地時間の日曜日、午後1時にスタート。

【レース2】
雹、雨、晴天と、ひとつのレースにあらゆるコンディション

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamは、タイヤチョイスでの賭けとピットストップの作戦で勝負。日曜日のアッセンTTサーキットは明るい太陽に恵まれたが、出場ライダーたちがグリッドに並ぶ直前、短時間ながらも激しい雨がコースを見舞った。そのため、路面はウエット、しかしすぐまた乾いてゆく難しいコンディションのもとでスタートし、A・ローズとS・ギュントーリは、それぞれ7位と11位でチェッカーを受けた。

路面が乾くスピードは未知。しかも再び雨が降る可能性も考慮しながら、ローズはフルウエットのセッティングでスタートを切った。素早くグリッドポジションの12位につけ、コースの知識と難しいコンディションを自らのアドバンテージとしてペースを上げてゆく。そして10ラップ目までに5位に浮上し、そこでタイヤ交換を決断した。スリックタイヤに履き替えてコースに戻ったローズは、6位争いを展開したあと7位でチェッカー。シリーズポイントでは9ポイントを加算し、ランキングは10位に上がった。次回は2週間後、イタリアのイモラ・サーキットで行われる。

アッセンでのこれまでのケースを念頭に、路面は急激に乾いてゆくと判断したギュントーリは、リアタイヤにインターミディエイトをチョイス。しかし不運にも予想ははずれ、そのなかでタイヤがなかなか暖まらず、十分なグリップを得ることができなかった。こうしてスタートで出遅れたことで、ピットストップの有効なタイミングも逃したギュントーリ。それでも中盤からペースを上げて11位へ浮上。5ポイントを加算し、ランキング8位につけている。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る