日本無線、二輪車用GPS付きETC2.0車載器を開発し、2016年7月に発売

160418_102

日本無線は、二輪車用GPS付きETC2.0車載器を開発し、2016年7月より販売を開始することを発表した。
販売ルートは、国内二輪車メーカ関連の販売会社、全国チェーンの二輪販売店、大手二輪用品店、輸入車正規取扱い日本法人などへ納入し、それぞれの販売ルートよりプロショップ、用品店、輸入車正規取扱いディーラーなどで販売/セットアップ/取付けを行う。

二輪車用GPS付きETC2.0車載器 特徴

・GPS受信機に車載機器で実績がある自社製マルチGNSS受信機を採用
・従来のETC車載器と同等サイズのコンパクト設計
・従来のETC車載器と同等の耐環境性能
・四輪車用ETC車載器とは異なる二輪車用独自のカード装着方法を採用
・水に濡れても壊れない専用ICカードコネクタを採用
・ETC2.0搭載車両を対象とした料金割引に適応

仕様

品名:二輪車用ETC2.0車載器
型名:JRM-21
発売日:2016年7月

外観や希望小売価格については、後日発表いたします。

※ETC2.0は、自動料金支払いだけでなく、全国の道路に設置されたITSスポットを通して集約される経路情報を活用した新しいサービスが予定されており、ETC2.0搭載車両を対象とした料金割引も予定されています。

一時退出した場合でも、高速を降りずに利用した料金のままとする措置の導入
混雑状況に応じた動的な料金の導入
ETC2.0サービスの詳細については、国土交通省ウェブサイト(http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/etc2/index.html)をご参照ください。

【関連ニュース】
◆【新製品】ミツバサンコーワ、ETC2.0対応バイク用車載器を開発 2.0対応で高速料金が割引対象に
◆4月から開始となったETC2.0サービス。その内容と、二輪車ユーザーにとっての恩恵は?
◆NEXCO、「二輪車ETC車載器購入助成キャンペーン」を4月下旬から開始予定 一台15,000円で5万台まで
◆日本無線、二輪車用ETC車載器が業界最高水準の防水規格をクリア

→全文を読む

情報提供元 [ JRC 日本無線 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る