【新車】ヤマハ、インドで110ccストリートモデル「Saluto RX」の発売を発表 シェア増大に向けて攻勢

160415_08

ヤマハ発動機は、インド向け新製品の110ccストリートモデル「Saluto RX(サルート アールエックス)」を2016年4月下旬から同市場で発売する。

コストパフォーマンスに優れたストリートモデル

「Saluto RX」は、≪次世代110ccストリートモデル≫として開発された製品で、価格は46,400インド・ルピー。日本円にして約8万円と優れたコストパフォーマンスに加え、スポーティな外観が特徴だ。

なお、カラーは「BREEZY BLUE」「MATT BLACK」「GLEAMING BLACK」「INSPIRING RED」の4色展開となっている。

Saluto RX

160415_09▲BREEZY BLUE

MATT BLACK
▲MATT BLACK
GLEAMING BLACK
▲GLEAMING BLACK
INSPIRING RED
▲INSPIRING RED

ヤマハ独自の新開発「110cc”BLUE CORE”エンジン」搭載

新開発の110cc”BLUE CORE”エンジンは、燃焼室形状の最適化、シリンダーフィンの効率的配置と冷却を考慮した設計、様々なロス低減の積み重ねや点火時期の最適制御などの相乗効果により、同社従来モデル比で約13%の燃費向上を実現している。

また随所に軽量化技術を織り込み、装備重量で98kgとなるクラス最軽量となっており、軽快な操縦性に貢献している。

※2016年3月現在、ヤマハ発動機調べ

スタイリングは、上級モデルの「Saluto」とデザインリンクを持たせたフロントマスクや、タンクからシートにかけての抑揚感ある滑らかなラインが特徴。軽快さと乗りやすさ、タンデムでの余裕の乗車感が表現された。

インド最大需要カテゴリーへ向けて展開

「Saluto RX」は年間1,600万台規模のインド市場の約6割を占める最大需要領域100cc~125ccモーターサイクルカテゴリーに投入するモデル。

これによりヤマハ発動機は、2015年導入の125ccモデル「Saluto」とあわせラインナップの充実を図り、需要の中心であるインド地方部への事業展開を強化するとしている。

名称

「Saluto RX」

発売日

2016年4月下旬

メーカー希望小売価格

46,400インド・ルピー(デリー店頭小売価格)

販売計画

6万台(発売から1年間/インド国内)

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る