[KTM]RCカップ第1戦 in 全日本RR選手権 見ごたえあるレースを展開!

160415_120

RC 390 CUP with METZELER / KTM 390 CUP with MERZELERの2016シーズン第1戦となる筑波ラウンドが、4/10(日)筑波サーキットにて開催されました。KTMは巨大なホスピタリティテントを設営し、エントラントがレースをたのしめるよう全力でバックアップ。快適な気候とともに、最高のシリーズ戦スタートとなりました。

16 台で争われた開幕戦は単独トップで♯92 植村が優勝!!

昨年からはじまったシリーズ戦「KTMRC CUPwithMetzeler/KTM390cupwithMetzeler」の開幕戦が4月10日、筑波サーキットにて全日本ロードレース選手権と併催で行われた。予選トップは1分7秒875と2番手を2秒も引き離した♯92植村哲也。そして、2番手には若手育成を目的としたセレクションクラスRC CUPにエントリーの♯18西田信義。3番手には同じくRC CUPの♯52玉田浩司がついた。

決勝は3列目からスタートした最年少エントリーの♯19藤田哲弥が持ち前の軽さを武器にホールショットを奪うが、1周目が過ぎるとトップは♯92植村、その後ろに♯18西田と♯52玉田が続く。その後♯92植村は順調に後続との距離を離しそのままトップでゴール。ラストラップまで縺れ込んだ♯18西田と♯52玉田の2番手争いは最終コーナーで勝負が決し、♯18西田が2位でチェッカー。惜しくも♯52玉田が3位という結果となった。

<< RC-CUP >>
1 位 ♯18 西田信義
2 位 ♯52 玉田浩司
3 位 ♯17 松本幸大

<< ストッククラス >>
1 位 ♯19 藤田哲弥
2 位 ♯23 村田哲也
3 位 ♯8 望田勇人

<< カスタムクラス >>
1 位 ♯92 植村哲也
2 位 ♯40 吉井俊忠
3 位 ♯3 高野慶太郎

第2戦は5月28日 ツインリンクもてぎで全日本ロードレース選手権併催
第3戦は6月5日 岡山国際サーキットでモトレヴォリューション併催
第4戦は6月18日 筑波サーキットで筑波ツーリスト・トロフィー併催
第5戦は7月24日 SPA直入で九州ロードレース選手権併催

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る