【新車】カワサキ、SBKレーシングチームカラーを採用した2016年国内仕様モデル「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売

160415_109

カワサキは、水冷単気筒エンジンを搭載するNinja 250SLにおいて、昨年海外仕様として発表されたSBKでカワサキレーシングチームが使用しているZX-10Rをイメージした“KRTエディション”カラーを採用した2016年国内仕様モデルとなる、「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売する。
発売日は2016年5月15日。

Ninja 250SL ABS KRT Edition

2015年ワールドスーパーバイク選手権シリーズ、KRT※所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンに輝きました。 その勝利を讃え、2016年に同選手権で戦うNinja ZX-10Rと同イメージのカラーリングを採用しています。 フューエルタンク上部にはKawasaki Racing Teamの文字をあしらい、ライムグリーンとブラックで彩られたグラフィックは最高峰のレーシングマシンを彷彿とさせます。

モデル名の通りスーパーライトな車重はライダーのレベルを問わず軽快で快適なライディングを実現。 搭載しているパワーユニットは、力強い低中速回転域と心地よいピックアップ特性に加え、高速回転域での鋭いレスポンスを両立しています。 また、ABSユニットを搭載することにより安定した制動性能を発揮。軽量・スリム・コンパクトなNinja 250SLは街乗りからスポーツライディングまで幅広いシーンをカバーしライダーへ操る楽しさを提供します。

※KRT:Kawasaki Racing Team

■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
・アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の装備
・新車時装着タイヤの変更(ブリヂストン社製)
・ウインドシールド(スモーク)の装着

■発売日
2016年5月15日

■メーカー希望小売価格
523,800円
(本体価格485,000円、消費税38,800円)

■カラー
・ライムグリーン×エボニー

Ninja 250SL ABS KRT Edition

160415_109
160415_108
160415_107

【関連ニュース】
◆【新車】カワサキ、「Ninja 250SL」2016年国内仕様モデルを発売

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る