[MFJ]MFJ CUP Rd.1 JP250決勝 激戦を制したのはAP250チャンプ山本剛大

160414_123

初開催となったMFJ CUP JP250は、54台が出走し、4月9日(土)に予選・決勝が行われた。公式予選は、2組に分かれてタイムアタックが繰り広げられ、前日から速さを見せていた山本剛大が1分06秒176をマークしポールポジションを獲得。2番手に2分06秒188の南本宗一郎が続き、AP250に参戦している2人が1-2。3番手に中沢寿寛、4番手にスポット参戦の元世界チャンピオン・現オートレーサーの青木治親が1分06秒357で続いた。以下、11番手まで1分06秒台をマークするハイレベルな予選となった。

序盤は山本、南本、中沢、そして青木がトップグループを形成。10年振りのロードレースという青木だったが、一時はトップに立つ走りを見せるが、アジアコーナー立ち上がりで痛恨の転倒。観客席からはため息がもれる。

レース終盤になると山本に南本と仲村優佑のアケノスピードコンビが襲いかかるが、これをかわした山本がトップでチェッカー。最終ラップの最終コーナーでは、南本と仲村がまさかの接触転倒。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る