[HONDA]MotoGP 2016 現場レポート Vol.148

160414_124

マルケスが4年連続でサーキット・オブ・ジ・アメリカズを制し、今季2勝目

アルゼンチンGPからの連戦となった第3戦アメリカズGPは、これまでアメリカ大会で圧倒的な強さをみせてきたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、今年も快走。4年連続でポールポジション(PP)を獲得し、決勝も4年連続で優勝しました。

アメリカズGPの舞台となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は、テキサス州オースティンにあり、マルケスがMotoGPクラスにデビューした2013年に初開催となりました。この大会でマルケスは、MotoGPクラスでの初優勝を達成。デビュー2戦目での優勝は、1982年にフレディ・スペンサーがHondaで達成した史上最年少PP記録と優勝記録を31年ぶりに塗り替え、マルケスの輝かしいGPキャリアがスタートしたレースとなりました。

その思い出のサーキットにおいて、マルケスはすべてのフリー走行でトップタイムをマーク。今シーズンは2戦連続、アメリカズGPでは4年連続でPPを獲得しました。これでマルケスは、MotoGPクラスで32度目、GP通算60度目のPP獲得となりました。

そして迎えた決勝でも、好スタートからオープニングラップにトップに浮上すると、レース序盤に唯一2分4秒台のハイペースでラップを刻んで後続を引き離します。レース中盤には2番手を走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に約6秒の大量リードを築く圧倒的な強さで今季2勝目、そしてアメリカズGP4連勝を達成しました。この優勝でマルケスは、MotoGPクラスで26勝目を挙げて歴代9位。通算では52勝とし、フィル・リードと並び歴代7位となりました。

決勝日の朝のウォームアップでは、フィーリングがよくなかったと不安を抱えたマルケスですが、チームがセッティングを見直したことで、いい感触を手にしました。さらに、ギリギリまで迷ったタイヤ選択も、ミシュランのテクニシャンのアドバイスを受け、フロントにソフトを選んだことが好走につながりました。こうしてマルケスは、11年と12年のMoto2時代を含め、アメリカで開催されたグランプリで10連勝というすばらしい記録を達成しました。

ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、フリー走行と予選では思うようにセッティングが進まず、8番グリッドから決勝に挑むことになりました。そして決勝に向けていいセッティングを見いだすと、一気にペースを取り戻し、ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と、2番手争いのグループを形成しました。そんな中、7周目の1コーナーでバランスを崩して転倒する残念なレースとなり、前戦アルゼンチンGPからの2戦連続での表彰台獲得は果たせませんでした。

Repsol Honda Teamはウインターテストでは、今年から実施されている新しい車両規定に苦戦しましたが、開幕戦カタールGP、第2戦アルゼンチンGP、そして今回のアメリカズGPと、本来の走りを取り戻しつつあることを感じさせるレースとなりました。

マルケスにとっては、昨年のシーズン中盤戦の第9戦ドイツGP、第10戦インディアナポリスGP以来の連勝。Repsol Honda Teamにとっては、昨年の第15戦日本GP、第16戦オーストラリアGP、第17戦マレーシアGPで3連勝を達成して以来、シーズンをまたいで4戦ぶりの連勝となりました。今季初の連勝を果たしたRepsol Honda Team。リビオ・スッポHRCチーム代表に、第3戦の戦いを振り返ってもらいました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る