[REPSOL]WCT Rd.4 レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがGP2日目に勝利

160413_115

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがGP2日目に勝利し、肩を負傷しているにもかかわらずトップに立った。ハイメ・ブストはまたも表彰台に届かず4位、藤波貴久は続いて5位。

スペインGP2日目はベストなトニ・ボウを見ることができた。右肩のケガを抱えながら、ボウは前日届かなかった表彰台のトップを獲得。今シーズン初勝利を達成し、タイトル争いをリードすることになった。チームメイトのハイメ・ブストと藤波貴久は、両者とも表彰台圏外だったが、良いパフォーマンスを見せ、それぞれ4位と5位だった。

昨日より痛みが和らいだボウは、完璧な一日で、1ラップ目からリードし、わずか10ポイントで終了した。2位のアダム・ラガより14ポイント、3位のハメス・ダビルより29ポイントも少なかった。ハイメ・ブストは、今回も素晴らしいパフォーマンスだったが、表彰台まで6ポイント足りず、さらにチームメイトの藤波貴久とは2ポイント差だった。

この結果、ボウが37ポイントでリーダーに、ブストが4位、藤波が7位。次戦は4月23/24日に日本で2ラウンドが行われる。

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る