[DUNLOP]MotoGP Rd.3 Moto2 リンス選手がロウズ選手を抑えて、今季初優勝を決める

160413_112

第3戦の開催地は、アメリカ南部、テキサス州オースチンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。1.2キロのストレートを持つ約5.5キロのコースだ。ダンロップは前回と同じ、フロントにソフト1、ハード2、リアにハード3、ハード4を用意した。

土曜日の予選は、セッション中盤から雨が降り出すコンディションとなる。難しい状況の中、A・リンス選手(KALEX)が今季初のポール・ポジションを獲得した。

「いい感じで走れているよ。ポール・ポジションを取れてうれしい。ザルコ選手やロウズ選手も速いから大変なレースになると思うけど。いいレースをしたいね」とリンス選手。

続いて、J・ザルコ選手(KALEX)、S・ロウズ選手(KALEX)と続く。中上貴晶選手(KALEX)は6位2列目につけた。

「フロント・ローに届かなかったが、昨日からさらに自己ベスト・タイムを更新できた。バイクのフィーリングはいい。上位陣のタイムは接近しているので、明日はしっかりと序盤からペースを上げて表彰台を狙いたい」と中上選手は話した。

決勝当日は曇りだったが、ドライ・コンディションで決勝を迎えた。スタートよく飛び出したのはリンス選手で、ザルコ選手、D・アーゲター選手(KALEX)、ロウズ選手、J・フォルガー選手(KALEX)、中上選手と続く。リンス選手はすぐに引き離しにかかり、ロウズ選手が追いかけていく。3位争いは、ザルコ選手、アーゲター選手、T・ルティ選手(KALEX)、中上選手、S・コルシ選手(SPEED UP)など6台が繰り広げていく。中盤に入っても、リンス選手とロウズ選手はコンマ5秒ほどの差で続く。3位争いはザルコ選手、ルティ選手、アーゲター選手を中心に展開されていく。レース終盤に入ると、リンス選手は着実にロウズ選手を離していき、今季初優勝を飾った。

続いて、ロウズ選手が2位でチェッカー。3位争いは、終盤ザルコ選手が集団から抜け出して表彰台をつかんだ。また、中上選手は終盤まで3位争い集団に加わっていたが、残り4周でコルシ選手と接触して転倒。すぐに再スタートしたが15位に留まった。

コメント

優勝 A・リンス選手(KALEX)
「最初からプッシュしていったよ。ずっとロウズ選手が追いかけてきたので、ずっと限界まで攻めていった。アメリカでも多くのファンが応援してくれてうれしかった。次はホーム・ラウンドのスペインだから、またがんばります」

2位 S・ロウズ選手(KALEX)
「中盤まではいい感じで走れていたんだけど、ラスト4周はけっこうきつかった。リンス選手のペースはすごく速かったから、追いつくことはできなかった。前回に続いて表彰台に上がれたからよかった」

3位 J・ザルコ選手(KALEX)
「序盤、ペースを上げられなくて、前の2人についていけなかった。でも、終盤はいいペースで走れた。ここは僕らにとっては難しかったけど、表彰台で終われたからよかった。アルゼンチンからの2戦でいろいろ学ぶことができた。少し休んで、次のへレスに備えます」

15位 中上貴晶選手
「今日はスタートもよく3番手争いの集団の中で気持ちよく走れていた。リンス選手とロウズ選手には逃げられてしまったが、グループの中でトップ・フィニッシュする自信はあった。終盤になってザルコ選手の後ろまでポジションを上げたが、ラスト4周となった1コーナーでコルシ選手とぶつかって転倒してしまった。転倒がなければ絶対に表彰台に立てたと思うので悔しいです」

160413_113

→全文を読む

情報提供元 [ DUNLOP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る