[KTM]2016EWC開幕戦モロッコ KTMファクトリーチームにとっては 一喜一憂の開幕戦

160413_110

『2016エンデューロ世界選手権/開幕戦モロッコ』。
今シーズンは E1/E2/E3クラスのトップライダーによって争われる「GPクラス」が新設されました。ファクトリーチーム/KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1クラス(2st125cc/4st250cc)に#25Ivan Cervantes(イワン=セルバンテス)と#91Nathan Watson(ネイザン=ワトソン)が「250EXC-F」を駆り、E2クラス(2st250cc/4st450cc)に#7Christophe Nambotin( クリストフ=ナンボティン)と#33Taylor Robert(テイラー=ロバート)が「350EXC-F」を駆り参戦します。

EWCの開幕戦モロッコ。土曜日と日曜日にそれぞれレースを行い、ひとつのGPで2戦を戦うEWC。先週末はモロッコで開幕戦が行われ、今シーズン最初の2レースが開催されました。この開幕戦はKTMファクトリーチームにとって厳しい週末となりました。しかし新たにチームに加わったイギリス人ライダー/E1クラスのワトソンと、アメリカン人ライダー/E2クラスのロバートの2人にとっては、その高いポテンシャルを見せつけるレースとなりました。

ワトソンはモトクロスからコンバートし、今シーズンからエンデューロに参戦。250EXC-Fを駆りE1クラスを戦いました。そしていきなり3-3の2戦連続表彰台獲得という好成績で初戦をまとめ上げました。E2 クラスのナンボティンは土曜日のレース中に手を骨折。手の痛みと腫れに耐えながらレースを続けました。日曜日もレースを続けようとしましたが、最初のテストでリタイヤを決めました。

同じくE2クラスのセルバンテスも不運でした。走行中に長く大きな動物の角を跳ね上げ、それが手首にヒット。何とか完走することができましたが、思うようにマシンをコントロールすることができませんでした。

ワトソンのコメント:
「じつに苦しいレースだったが、良い成績を残すことができて良かった。チャンピオンシップを考えれば、可能なかがりミスを減らさなければならない。それを考えれば今日は上出来だ。しかも今日は、新しいカテゴリーでの初レースだったことを考えればなおさらだ。エンデューロの各テストはとにかくハードだ。今週末はそれを上手く攻略することができた」

ロバートのコメント:
「全体的に見て良いレースができた週末だった。スペシャルテストはハードだったがコンディションも良く、結果も悪くなかった。初日の4位は上出来。良いバトルがたくさんできたし、そこで多くを学ぶことができた」

チーム監督/ファビオ=ファリオリのコメント:
「いくつかのクラッシュがあったがライダーたちは良い走りを見せてくれた。ネイザン(ワトソン)は速く、テイラー(ロバート)は両日ともに良いパフォーマンスを発揮した。彼らが表彰台争いを展開する日も遠くないだろう」

次戦/第2戦は4月16日(土)17日(日)にポルトガルで開催されます。

Day1/決勝結果

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Jamie McCanney
3, Nathan Watson – KTM

9, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Mathias Bellino
2, Matthew Phillips
3, Alex Salvini
4, Taylor Robert – KTM

11, Christophe Nambotin

■GP Results
1, Mathias Bellino
2, Johnny Aubert
3, Matthew Phillips

6, Taylor Robert
13, Nathan Watson
19, Ivan Cervantes

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 40
2, Watson(KTM), 30
3, McCanney, 30

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Phillips 37
2, Bellino, 37
3, Salvini, 30

◎GPクラスポイントスタンディングス
1, Bellino, 37
2, Phillips, 35
3, Holcombe, 26

Day2/決勝結果

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Gianluca Martini
3, Nathan Watson – KTM

6, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Mathias Bellino
2, Alex Salvini
3, Matthew Phillips

6, Taylor Robert – KTM
DNF, Christophe Nambotin

■GP Results
1, Matthew Phillips
2, Mathias Bellino
3, Eero Remes

6, Taylor Robert
13, Nathan Watson
19, Ivan Cervantes

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Hondaウエルカムプラザ青山は、11月3日(土・祝)・4日(日)に開催された『カフェカブミ…
  2. 【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】 大変お待たせ致しました!…
  3. ▲Scrambler1200 Quartz着信時表示 トライアンフは、2019年モデルに新世代…
  4. 日本製・スチール製のリアキャリアをプレゼント キムコジャパンは、期間中、Racing S …
ページ上部へ戻る