ナビタイム、iOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』に「最高速度案内」と「一時停止案内」機能を追加

160412_15

ナビタイムジャパンは、2016年4月1日(金)より、iOS向けカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』の安全運転支援機能に「最高速度案内」と「一時停止案内」機能を追加した。

最高速度案内

走行中の道路の最高速度を画面表示と音声で案内する機能。
ナビゲーション中に、走行中の道路の最高速度が変わった場合に、例えば「最高速度は、時速50キロメートルです」などと表示・発話する。

一時停止案内

ナビゲーション中に、ルート上の一時停止標識を、地図上にアイコン表示する機能。
アイコンは、現在地から近い順に最大3箇所まで表示される。

各サービスイメージ図

160412_15

なお、これらの機能は今後、Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』への対応も予定されている。

※この機能は安全運転を促すためのものであり、交通違反の取り締まりを避けるためのものではない。情報がない場合も交通規則に従い安全な運転を心がける必要がある。
※この機能の利用には、プレミアムコース(有料)への登録が必要になる。
※この機能は2016年4月1日公開のバージョン4.14.1で利用できる。

→全文を読む

情報提供元 [ NAVITIME JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る