トリックスター、「Ninja250用ECUアップデートプログラム」の受付を開始 膨大な知識と経験を元にしたユーザー向けサービス

160412_11

バイク用品の企画・製造・販売を行っているトリックスターは、「Ninja250用ECUアップデートプログラム」の受付を開始した。

膨大な知識と経験を元にしたユーザー向けサービス

TRICK STAR Racingは、2004年から12年連続出場を続ける鈴鹿8時間耐久レースをはじめ、ルマン24時間耐久レース、全日本選手権、アジアロードレース選手権、アジア各国の国内選手権などに参戦しているレースチーム。

製品開発部門とレース部門が独立した「TRICK STAR R&D」が、条件の異なる様々な状況下で培った、ECUに関する膨大な知識と経験を元にしたECUアップデートをユーザー向けに提供する画期的なサービスとなる。

今回、その第1弾としてKawasaki Ninja250用のECUアップデートプログラムを受付開始する。Ninja250が本来持っているパフォーマンスを引き出す為には、レブリミットの回転数の引き上げは必須。低価格に、気軽に、単純にレブリミットの引き上げを行えるよう考えぬかれたサービスだ。

サービス内容

■レブリミットを12,500回転から13,700回転への引き上げ。
■純正マフラーに合わせてセッティングされたアクセルオフ時の燃料噴射をカットする事による、マフラー交換を行っている車両でのパフォーマンスの向上。
■マフラー交換を行っている車両で燃料が濃い方向に自動制御されてしまう対策としての、A/F制御システムの解除。

価格

39,800円(税別)

マフラー交換後にサブコンによる調整を行う前に、ECU側での制御を根本的に解除する事によってオートバイの本来の性能を引き出すという、TRICK STAR R&Dが提案する、これからのオートバイカスタムチューニング。

なお、純正ECUを取り外してTRICK STAR R&Dまで送れば、一週間程でアップデートが行なわれ返送される。

注文・問合せ

TRICK STAR R&D
TEL:052-825-3620
FAX:052-825-3621
E-mail:infoa@trickstar.biz

→全文を読む

情報提供元 [ TRICK STAR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る