[KTM]MotoGP Rd.3 Moto3 フェナティが今季初優勝 ビンダーは3位表彰台を獲得

160412_161

『2016MotoGP/第3戦アメリカ』。小排気量クラス/Moto3ではKTMを駆るSKY Racing Team VR46の#5Romano Fenati(ロマーノ=フェナティ)が今季初優勝。ファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoから参戦した#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は3位表彰台を獲得。#64Bo Bendsneyder(ボー=ビンドシーダー)は22位でレースを終えました。

フェナティは2列目グリッドからスタート。2周目に2位にポジションを上げると、前を行くJ・ナバッロ(ホンダ)の背後に付き仕掛けるチャンスを待ちました。そのときは9周目にやってきました。ナバッロをかわしてトップに立ったフェナティは徐々にリードを築きトップでチェッカー。2位に6秒もの差を付けてのゴールでした。雨の予選により、それに上手く対応できなかったビンダーはいつもより後方の12番手からのスタート。しかし好スタートを切り1周目7位/2周目4位にジャンプアップ。そして5周目に5位になると終盤までその位置をキープします。そしてラスト2周で4位/ラストラップに3位にポジションを上げチェッカーを受けました。

その結果、ポイントスタンディングスにおいてビンダーは2位に3ポイント差の首位。フェナティは3位に付けています。

フェナティのコメント:
「レース前半、ナバッロに逃げられるかと思ったが、そこであきらめることなくプッシュすることができた。徐々に走りのリズムが良くなり集中力も保つことができた」

ビンダーのコメント:
「今週末は今までに無いほど苦労した。しかしラスト8周でフェナティがトップに立ったのを見て、自分もあきらめないでプッシュする力が湧いた。その結果、ラストラップでひとつ順位を上げ表彰台に立つことができた」

次戦/第4戦は4月24日(日)にスペイン・ヘレスで開催されます。

■Moto3クラス 決勝結果:
1, Romano Fenati – KTM
2, Jorge Navarro
3, Brad Binder – KTM
4, Philipp Oettl – KTM
5, Andrea Locatelli – KTM
Other KTM
10, Nicolo Bulega
12, Juanfran Guevara
13, Fabio Quartararo
16, Andrea Migno
18, Gabriel Rodrigo
22, Bo Bendsneyder
23, Maria Herrera
29, Andrea Migno

◎ Moto3クラス ポイントスタンディング
1, Binder (KTM), 52 points
2, Navarro, 49
3, Fenati (KTM), 38

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る