[DUCATI]MotoGP Rd.3 決勝 イアンノーネが表彰台に登壇、ドヴィツィオーゾはクラッシュに巻き込まれリタイア

160412_01

MotoGP第3戦アメリカズGPが、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催され、ドゥカティチームのアンドレア・イアンノーネが3位表彰台に登壇した。

3列目からスタートしたイアンノーネは、オープニングラップを7番手で終えた。その後は着実に周回を重ね、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ドヴィツィオーゾ、ダニ・ペドロサ(ホンダ)のリタイアによって順位を上げた後、自らもアレイシ・エスパルガロ(スズキ)をオーバーテイク。3位にポジションを上げた彼は、マルク・マルケス(ホンダ)、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に続き、この順位を維持してチェッカーを受けた。

160412_02

2列目からスタートダッシュを決めたドヴィツィオーゾは、オープニングラップを2位で終え、5周目までそのポジションを維持した。ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)にオーバーテイクは許したものの、すぐにその背後をマークすると同時に、後方から迫るペドロサをブロックした。しかし、ターン1のブレーキングでペドロサがミス、彼のマシンがスライドしてデスモセディッチGPにヒットしてしまう。これでドヴィツィオーゾも転倒を余儀なくされ、好リザルトが期待されたレースを半ばで終えることになった。

160412_03

コメント

■アンドレア・イアンノーネ(Ducati MotoGPチーム #29) 3位
「このレースで好リザルトを残すことが非常に重要だったが、表彰台を獲得することができた。グリッドを1列降格され、さらにスタートではダニ(ペドロサ)やアレイシ(エスパルガロ)と接触して順位を下げたのが悔やまれる。

だが、その後は良いペースでコンスタントに周回を重ねることができた。ホルヘ(ロレンソ)にも接近していたので、スタートさえよかったら、2位を狙えたのではないかと思う。いずれにしても、レース展開には満足している。

今回のリザルトをドゥカティとスタッフに捧げたい。開幕戦、第2戦と連続して彼らに迷惑をかけてしまった。今日の3位によって、スタッフの献身的な取り組みと努力に少しでも報いることができたと思いたい。」

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGPチーム #04) リタイア
「他のライダーのミスで、今日もレースを完走することができなかった。大いに落胆している。3戦中2回も表彰台圏内でフィニッシュするチャンスを奪われてしまった。

チャンピオンシップを考えると、この事実は容易には受け入れることができない。だが、悪い面ばかり見ていても次には繋がらない。幸い怪我はなかった。アクシデントの状況を考えると、もっと重大な事態になっていても不思議ではなかったと思う。

また、これまでの3戦は、特にタイヤには非常に厳しいレースだったが、常に表彰台争いに絡めている。今日、あのままフィニッシュできていれば、首位のマルケスと数ポイント差のランキング2位につけていたはずだ。その意味からすると、我々は良い戦いをしていると言えるだろう。

フリー走行ではペースが上がらなくても、レースでは戦闘力を発揮できている。ファクトリーライダーは、チャンピオンシップを最優先して戦わなければならない。」

■ルイジ・ダッリーニャ(ドゥカティコルセ・ゼネラルマネージャー)
「今日の表彰台のおかげで、一部にはすぎないが、先週末の埋め合わせができた気分だ。イアンノーネは、知的なレース運びを見せた。ミスを犯さず、3位でフィニッシュした。これで彼自身だけでなく、チームの士気も高まる。

一方、ドヴィツィオーゾはアンラッキーだったと言わざるを得ない。3位走行中にペドロサの転倒に巻き込まれてしまった。大きな怪我がなかったのが不幸中の幸いだ。もちろん落胆はあるだろうが、彼とスタッフが一丸となって、ヘレスGPで最良の結果が出せるよう準備する。

デスモセディッチGPは、オースティンでも戦闘力を発揮した。序盤戦をポジティブに終えられたので、これをベースとしていっそうの進歩を遂げてヨーロッパ・ラウンドに臨みたい。」

情報提供元 [ Ducati Japan ]

【関連フォトギャラリー】
【DUCATI】MotoGP Rd.3 イアンノーネが3列目から追い上げ、3位表彰台を獲得

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
  4. ※車輌画像は海外仕様。国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 インディアンモータ…
ページ上部へ戻る