【試乗レポート】DUCATI最新モデル「ハイパーモタード939/SP」動画+試乗インプレッション

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

hypermotard family

バルセロナで開催されたドゥカティの最新作、「ハイパーモタード939/SP」の試乗インプレッションをお届けしたい。

排気量がリッター未満のハイパーモタードシリーズ

ハイパーモタードはドゥカティの中でもひと際ユニークなモデルである。

ドゥカティと言えば、「パニガーレ」に代表されるスーパーバイクシリーズや、スポーツネイキッドとして確固たる地位を築いた「モンスター」、最近ではアドベンチャーの「ムルティストラーダ」やクルーザーの「ディアベル」など、近年急速にラインナップを拡大する中で唯一、リッター未満の排気量しか持たないのがハイパーモタードシリーズだ。
特に先代の「821」はミドルクラスとも言える位置づけだった。

ということもあって、これまでは個性的な脇役というか、マニアックなモデルと映ることもあった。かつてのWSB王者、T・ベイリスが初代ハイパーモタードで大カウンターを当てながら進入スライドしてくる鮮烈な映像を覚えている人も多いことだろう。

これに乗るならトリッキーな走りが求められる、という強迫観念のようなものが自分にもあった。ただ今回、新型に乗ってみてそれが杞憂であったと確信した。

【Webikeモトレポート】試乗インプレッションムービー

コンパクトな水冷エンジンを搭載。「821」の進化版

ハイパーモタードの歴史は比較的新しい。2007年に空冷1078ccLツインを搭載した初代がデビュー。その後、「796」や「1100EVO」などのバリエーションモデルを輩出しながら、2013年には新世代のコンパクトな水冷エンジンを搭載した「821」が登場。
そして今回、その正常進化版ともいえる「939」が発表された。

Hypermotard 939
▲Hypermotard 939
Hypermotard 939 SP
▲Hypermotard 939 SP

従来型から最も変わったのがエンジンだ。
新型に搭載される水冷L型2気筒のテスタストレッタ11°はボアを拡大することで排気量を937ccに拡大、最高出力を3psアップの113ps(国内表記108ps)とした。

160411_39

Hypermotard 939
▲Hypermotard 939
Hypermotard 939 SP
▲Hypermotard 939 SP

ちなみに今年から欧州ではユーロ4が適用となり、エキゾーストシステムもこれに対応したことで、国内にもほとんど同じ仕様で導入できるようになった。つまり、フルパワーの本国仕様とスペック的な差はないと考えていい。最高出力の表記の違いに関しては測定方法の違いということだ。

トルクアップによるミッドレンジの力強さ

さておき、注目したいのは中回転域のトルクが18%も向上していることだ。つまり、今回の排気量拡大はトルクアップを目的としていることは明白である。車重で7kg増えてはいるが、それを補って余りあるミッドレンジの力強さが新型の魅力となっている。

【ハイパーモタード939 SP】サーキットで試乗

バルセロナ郊外のサーキットでまず試乗したのは「SP」仕様。鮮やかなMotoGPマシンカラーに彩られ、オーリンズ製前後サスペンションとマルケジーニ製ホイールを装備した上級バージョンである。

造形の美しさが際立つ

160411_42

新設されたオイルクーラーやビルトインタイプのLEDウインカーが新型であることを主張する。造形の美しさはさすがイタリアン。長い脚と引き締まったボディが見る者を魅了する。
跨ってみるとさすがにシートは高めだが、スリムな車体と初期の沈み込みが豊富なオーリンズのおかげもあって足着きは見た目ほど悪くはない。

160411_41160411_44

160411_45160411_46

ウェットコンディションでも感じられる接地感と加速力

160411_40

エンジンはスペックどおり、6000rpm辺りの常用域のトルクが持ち上げられていて、従来型のように回転数を上げて走らなくても十分な加速が得られる。出力特性も穏やかで、スロットルに対して忠実かつスムーズにパワーが出てくるし、ドゥカティらしいLツインの鼓動がうまく路面にトラクションを伝えてくれる。

試乗時は気温も低くウェットコンディションだったが、このエンジン特性とストローク感のある長い脚のおかげで、常に接地感を感じながら安心して走ることができた。その意味でこのマシンは外見だけでなく、悪路でのコントロール性に優れるモタードマシンとしてのメリットはちゃんと持っているのだ。

160411_47

もちろん、この天候に合わせてドゥカティ側があらかじめ用意してくれた、ピレリのレインタイヤが大きなアドバンテージとなったことは言うまでもない。

滑りやすい路面でこそ感じる電子デバイスの恩恵

電子デバイスの恩恵にもどっぷりと浸かった。新型にもライド・バイ・ワイヤーによるパワーモードやトラクションコントロール(DTC)、ブレンボ&ボッシュ製ABSなどの最新の電子制御がふんだんに盛り込まれている。

SPには「ウェット」「スポーツ」「レース」の3段階のモードが設定されていて、それぞれに合わせて出力特性やトラコンとABSの設定も自動的に最適化されるため、滑りやすいウェットではなおさら安心感がある。例えば、コーナー立ち上がりでアクセルを開けすぎたり、ブレーキングで突っ込みすぎたりといったライダー側のミスをマシンがリカバーしてくれるのだ。

160411_49

走り込んでマシンとコースに慣れるにしたがってモードを格上げしていったが、エンジン特性が豹変することもなく、よりリニアかつパワフルな加速Gを終始リラックスして楽しむことができた。

160411_48

 

【ハイパーモタード939】山岳路で試乗

スタンダード仕様の「ハイパーモタード939」の試乗では、山岳路でのショートツーリングが設定された。

160411_51

ストリートで不足を感じないスタイリッシュなロードバイク

SPと共通の最大の違いはサスペンションで、スタンダードはフロントがカヤバ製、リヤがザックス製となり、前後のホイールトラベルもSPに比べて20mmほど短い。結果としてサスペンションの動きも抑えられていて、SPと比べてブレーキングでも車体の姿勢変化が少ない。

160411_50

どちらが良い悪いではなく想定している使い方の違いだ。SPに比べるとバンク角もやや少なめだが、ストリートで不足を感じることはないはず。足着きも若干だが優位で、気軽とまでは言えないものの普通に街乗りもこなせるスタイリッシュなロードバイクといった感じだ。

ツーリングにも快適さを与えるトルクアップ

排気量アップの恩恵は公道でも感じられた。エンジンは中回転域のトルクが増したことで、回転数で引っ張らずとも十分な加速が得られるためライディングに余裕が生まれる。おそらくギヤチェンジの回数も減らせるだろうから、その分ツーリングなどでは楽で快適なはずだ。

ストリート用に最適化されたライディングモードもSP同様に秀逸で、雨天であるが故にトラコンやABS介入時のスムーズで自然な作動感が際立った。OEタイヤに設定されているディアブロ・ロッソⅡのしなやかなグリップ感も貢献しているはずだ。

160411_52

モタードの雰囲気とともに楽しめるドゥカティの最新性能

実は先頃、国内のプレス向け試乗会で再びSPに試乗する機会を得たのだが、ちょっと印象が違っていたので追記しておきたい。サスペンションのセッティングが異なっていたのかもしれないが、海外試乗ではややフワフワしていた乗り心地が、しっとり落ち着いた感じに思えた。

会場となった袖ヶ浦サーキットはドライコンディションだったため、無意識にしっかり荷重をかけられたのかもしれない。セッティング次第でどうにでも味付けを変えられるオーリンズの強みだろう。

いずれにしても、扱いやすいパワーや優れたコントロール性、快適性を備えたスポーツ性能は実感できたと思う。別にスライドさせたり、トリッキーな走り方をさせたりしなくてもいい。ドゥカティの性能をモタードの雰囲気とともに楽しみたい。そんな人に是非おすすめしたいモデルだ。

【関連コラム】
【ケニー佐川 コラム】「新型ハイパーモタード」試乗会で感じた新しいスポーツライディングの楽しみ方
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  2. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  3. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
  4. ■大会名:2018年全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ■開催日:2018年6月16…
ページ上部へ戻る