[MFJ]JRR Rd.1 J-GP2レース1 浦本修充が移籍後初レースを制す!

160411_142

土曜日に20周で争われたJ-GP2レース1。3番手グリッドから好スタートを見せた渥美心がオープニングラップからトップに立つと一気にペースアップしレースをリード。これに浦本修充が続き、一騎打ちのトップ争いを展開。渥美はレース終盤に入ったところで自己ベストをマーク。

そのまま逃げ切るかと思われたが、18周目の1コーナーでいきなり失速。マシントラブルが発生し無念のリタイアとなってしまう。これで労せずトップに立った浦本がTeam KAGAYAMAに移籍、J-GP2クラスに戻った初戦で優勝を果たした。激しいバトルとなった2位争いは、最終ラップの最終コーナー進入で前に出た三原壮紫が制し、全日本初表彰台に上がった。國峰啄磨も3位に続き、J-GP3クラスからのスイッチ組が表彰台の両脇を占めた。以下、岩崎哲朗、関口太郎、井筒仁康、石塚健と続いた。

2016 SUPERBIKE ROUND 1 : Tsukuba J-GP2 Race1 Digest

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  2. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
  3. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  4. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
ページ上部へ戻る